「わわ!顔より大きいカツレツ食べました」@ウィーン

5/1(日)メイデー(メーデー)をウィーンで過ごしました。
朝早くから旧市街のオペラ座の前の大通りはスローガンが書かれた大きなプラカードを持った
多くの団体が通りを練り歩いてちょっとしたお祭り騒ぎ。
a0187426_23202293.jpg

そもそもはヨーロッパの歴史的文化において、春を祝う日であった5月1日(MAYDAY)が
アメリカで労働者の日に変化していったらしいです。

当初の予定にはなかったけれど、夫が「面白そうだからちょっと見学していかないか?」と言い私も「賛成」と。
個人旅行、それも夫婦だとぱっと予定変更できるのがいいところですね。

吹奏楽パレードに続き民族衣装を着た団体と楽しい雰囲気。
a0187426_23205374.jpg


そんな中、あきらかに周りの団体と違う空気が漂っている。
リビアの自由を声高に叫ぶ集団。
弾圧がひどい頃、いや今でも本国なら自分の命を賭ける(落とす)ことになるかもしれない。
TVの画面を通して見るのとは違う。魂の主張、叫びとはこういうものだと肌で感じました。
a0187426_23212671.jpg
a0187426_2322859.jpg

一昨年チュニジアに旅行に行きましたが、その時チュニジアは平和でした。
昼間から男の人達が(傍目には)仕事もせずだらだらカフェでくつろぐ姿、姿。
そんな中今回の発端となったチュニジアで起こったジャスミン革命。

あの(傍目には)のん気そうに見えたチュニジア人の生活の裏には、あれほど抑圧された思いがあったとは。
リビアの自由を叫ぶ声を聞きながらそんな事を感じていました。

話は変わり

旧市街やその周辺を観光をするのに市電結構便利です。
a0187426_23261437.jpg


『美術史博物館内』
a0187426_23285938.jpg


階段奥はレストランもあります。
a0187426_23311059.jpg

ちょっと失礼して上からの写真
a0187426_23312756.jpg

完全予約制でビッフェスタイル。料理内容はホテルビッフェ?朝食ぽい?味も普通でした。
でもこの博物館内という雰囲気は二重丸ですね。

こちらはイタリア語で「美しい眺め」という名前の宮殿
『ヴェルヴェデーレ宮殿』にクリムトの「接吻」他、名画芸術品が数多く展示してあります。
a0187426_23264734.jpg

クリムトの絵の鑑賞を楽しみにしていました。
期待以上の作品の数々、見たかった「接吻」も最高!そして宮殿もとても美しいのでおススメです。

夜のお楽しみぃ♪
旅行前、夫からウィーンで何が食べたいと聞かれ私が思い浮かんだ物
それは「ザッハ-トルテとウィーンカツレツが食べた~い!」ま、これしか思いつかなかったのだけど(^_^;)
でもやっぱりどちらも有名みたい。ウィーンでもザッハー、デメルは超満員だしそしてここも人気

老舗の超有名店「フィグルミュラー」に行ってきました。(支店の方)
a0187426_2333893.jpg

予約なしで20時頃行ったら20人以上待ちでしたが、皆これしか注文していないから回転は速かったです。

ちなみにウィーンカツレツはウィーナー・シュニッツェルという料理名です。
a0187426_23322955.jpg

見てこの大きさ!!でも薄くのばして焼き上げたカツレツは意外とあっさりしていました。
衣もサクッとしてジュシー。パクパクどれだけでもお腹に入っちゃう美味しさ(#^.^#)
プハーッ、そしてビールも旨し。

突然この写真。名古屋っ子ならすぐわかりますよね。
a0187426_23333280.jpg

以前行った名古屋名物矢場とんのわらじかつ(味噌&ソース)だがね。
この1枚の大きさを知っとるなら、ウィーンカツレツがどんだけ大きかったか想像してみてちょ!
もうびっくりこいたわ(@_@)

名古屋の街だがねといいたいけど、ウィーンの夜。明日早朝パリへ出発です。
a0187426_23351967.jpg


056.gifいつもお越しいただきありがとうございます。
ランキング参加しました。励みになりますので
↓ポチッと一票いただけると嬉しいです(#^.^#)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村

[PR]
by mimoza1105 | 2011-05-17 23:57 | 海外

日々の彩り徒然なるままに


by mimoza1105