<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今日高校1年生からの親友2人が遊びにきました。
15歳から、かれこれウン十年のお付き合いの彼女達。
頻繁に会うわけではないけど、ずっと繋がっている心強さがある。

心の底の悩みを語り合える友人の存在ってありがたい。
私が30代半ば頃、息も絶え絶えくらい苦しかった時期は聞いてもらいどんなに救われたか。

そして今日は私が聞く役でした。

ランチ作ったからゆっくり食べながら話しましょ(^^)
お店と違って時間も周囲も気にせず語り合える家ランチ。

この年まで生きてきたら色々あって当たり前ですよね。
「今まで大きな悩みもなく幸せに生きてきた」という人はよほど強い人か・・・
それとも自他の痛みに気づかず生きてきた人か(ある意味、本人は幸せには違いないが)

上手なアドバイスもしてあげられなかったけど、友人の心がほんの少しでも軽くなってくれてたら嬉しいな。


庭の薔薇を投げ入れ、雨の滴が花びらを輝かせている。
a0187426_20205787.jpg


ランチ、簡単メニューだったけど喜んでくれて良かった(^^)
薔薇繋がりでスープをピンクの薔薇のカップに。
実家で採れたスナップエンドウや旬のグリーンの野菜中心メニュー。

〈ミニャール〉スパークリングワイン・グレープジュース(フランス)
甘口のスパークリングワインを飲んでいるみたい。
見た目も洒落てるし、これかなりおススメジュースです。
a0187426_20211325.jpg

a0187426_20212899.jpg


056.gifいつもお越しいただきありがとうございます。
ランキング参加しました。励みになりますので
↓ポチッと一票いただけると嬉しいです(#^.^#)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村

[PR]
by mimoza1105 | 2011-05-28 20:28 | 家族・家・料理・庭・愛犬
まだブログに書いていなかった世界遺産にも登録されたオーストリアのハルシュタット湖。
世界最古の岩塩坑もあり、紀元前6世紀からケルト人文明の地として発達してきた歴史ある街です。
また、昔ながらのオーストリアらしいの景色が残っていると言われている街でもあります。
a0187426_18564855.jpg


ザルツブルグから乗り換え1本の列車が出ていますが、ゆったりと田舎の景色を身近に感じながらの旅がしたいと夫の希望で別方向列車に乗り途中下車し、バスそしてバス、また乗り換えてバスと大回りの旅をしました。

どのバスも朝1本、夕方~夜1本という時刻表の田舎のバス。
バスの乗り換えで失敗したら目的地にたどり着けないどころか、引き換しも難しいという綱渡りのような計画。

列車から最初のバスの乗り変え時間はわずか10分。
にも係らず列車が10分遅れで出発とスタートから暗雲が(>_<)
そんなタイトな計画を立てた夫に少し腹を立てながら、夫婦間もプチ暗雲。

結果、列車を降りて猛ダッシュでバス亭に着いたと同時にバスも到着でなんとか間に合いました。ふぅ~(^_^;)
でもバスにゆられながら山間の美しい景色を眺め、徐々に妻の機嫌も直る(^^)
夫が遠回り&綱渡りバスの旅にこだわったのもうなずけました。
a0187426_19131753.jpg


次のバス乗り換えは30分待ち時間があったので田舎ののんびりした景色をたっぷり満喫。
a0187426_1911387.jpg

バス停前景色
a0187426_1912315.jpg


目的地ハルシュタットに到着です。静かで美しい街と湖。
残念ながらこの日は曇りで湖の色がどんよりした色でしたが、晴れたらさぞ美しかったでしょうね。
a0187426_1931893.jpg
a0187426_1933329.jpg

a0187426_1942269.jpg

おばあちゃんと孫。女の子がベビーカーにぬいぐるみの熊さんを乗せてお散歩、その可愛らしさったら。
a0187426_1943329.jpg


クセのある(ヤギかな?)チーズのリゾットをテラスでいただく。「う~ん、濃厚でおいしい(#^.^#)」
a0187426_195353.jpg


友人・知人達に名産であるお塩をたくさん買い込み、帰りはモチロン妻の強い希望で楽チン列車で帰りました。

以上が今回のG.Wの旅行記です。
夫プロデゥースの旅行も大きなトラブルもなく、無事楽しく行ってくることができました。
つたない文章を最後まで読んで下さってありがとうございましたm(__)m

♪おまけ♪
旅行をする度に、次回までには英語をもっと話せるようになりたいと思いつつ・・・
毎回単語&片言&日本語で乗り切っています。(乗り切っているのか?((+_+)))
もうね、「ツゥギャザーしようぜ」のルー大柴状態(汗)。彼を笑えない。。
いつまでも語学アレルギーなんて言っていないで、手始めに石川遼君もやっているスピードランニング申し込もうかしら。

でも片言でも買い物はできるのよね、これが 笑
パリやウィーンのインテリアショップで購入した自分用土産の一部です。
a0187426_1972798.jpg
a0187426_1974547.jpg
a0187426_1975782.jpg


056.gifいつもお越しいただきありがとうございます。
ランキング参加しました。励みになりますので
↓ポチッと一票いただけると嬉しいです(#^.^#)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村

[PR]
by mimoza1105 | 2011-05-21 19:32 | 海外
いやぁ~大感激料理に出会いました(#^.^#)

その前に料理の美味しさってなんだろうと考える。
一言では言えないけれど、旅先での基準ならば私の場合はっきりしています。
その土地でしか味わえない味、何十年いや何百年と製法を変えない物等
ただ美味しいだけでなく力強さや個性を感じる物が好き。

今回の旅、例えばザッハートルテ。
日本でもっと繊細で美しい、生地がふわふわのケーキはあるかもしれない。
でも製法も変えず甘さも、味質感もどっしり力強い伝統の味わいに心ときめくし♪

ビジュアル的にはベッピンさんじゃないけど、クセのある濃厚チーズの風味がなんともいえないリゾットも美味しかった。
あとドイツで食べたスパイスが効いたかたい肉ソーセージもポイント高し!

なのでフレンチで普通に美味しいくらいだと、日本でも食べれる味と思うとつい評価が厳しくなってしまうのだ。。

私の旅日記はそんな基準でのお店(料理)の感想なので、参考にはならないかもしれないけど・・・
でもこのお店は書かずにはいられない。
あ~今思い出しても幸せ。ジュルジュル(#^.^#)

お店があるのは北フランスノルマンディ地方。シードルやカルヴァドスなどの製造農家
リンゴ栽培農家の村であるカンブルメーにある小さなレストラン
『オ・プティ・ノルマン』

夫が「旅」という雑誌を読んでどうしても行きたいと計画しました。
ここの難点は交通の便が悪いことで、最寄の電車の駅から車で20~30分くらいの場所。
私達はタクシーを利用しました。

のどかなりんご畑風景が広がります
a0187426_0373558.jpg

a0187426_038147.jpg


お店は青い外観の小さなレストラン
a0187426_0383755.jpg


シードルは独特の香りがして微炭酸。鼻腔をくすぐるこの香り、日本で飲んだビオワインを思い出す
a0187426_039148.jpg


カンブルメーサラダ
カンブルメーの野菜・リンゴ・3種類のチーズ(カマンベール・ポンレヴェック・リヴァロ)
クセのあるチーズも濃厚で美味しい
a0187426_0393169.jpg


鴨の胸肉のジビエ
力強い味わいのジビエに林檎のソテー。カルヴァドスを林檎の果汁で割ったポモーというお酒のソースも絶品
a0187426_0394616.jpg


林檎のオムレット
ほのかにカスタード味のふわふわの卵白と林檎の酸味が溶け合って、そこにポモー酒をジュッと
こんな美味しい林檎のデザートは生まれて初めてかもしれない(#^.^#)
a0187426_040811.jpg


林檎・鴨肉・チーズ・シードルやカルヴァドス酒を使った力強い味わいに大感激の料理でした。
旅でこういうお料理を求めていたのよ~(^^)

この村を後にして、今度は一転港町オンフルールヘ
カンブルメーからオンフルールもやはり交通手段がなくタクシーで30~40分くらい移動。

笹倉鉄平の絵が好きで家に数枚あります(シルクスクリーンですが)
彼はヨーロッパの港町の絵を何枚も書いていて、この場所を描いた絵も好きな絵の一つ。
a0187426_041615.jpg

どこに行っても露地にひかれる私
a0187426_0412711.jpg

レストランではお客さん達がミニバケツのような器から、ムール貝や海老を食べていました。
a0187426_114858.jpg


あのお店の話に戻って、「旅」という雑誌の中、お店の紹介文の一部を抜粋
『フランスでは料理上手な女性のことも「コルドンブルー」と呼ぶ。
もちろん最上級の褒め言葉。
まさに、ここのママンがコルドンブルー!
何気なく入ってあまりの美味しさにびっくり。結局滞在中に3度も食べに訪れたほどだ。』
云々

そして60歳過ぎかな?優しい微笑を浮かべたママンの写真が。
(厨房はママン、フロアーは娘さんが担当)

私からも「ありがとーママン」最高の旅の思い出ができました。

056.gifいつもお越しいただきありがとうございます。
ランキング参加しました。励みになりますので
↓ポチッと一票いただけると嬉しいです(#^.^#)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村

[PR]
by mimoza1105 | 2011-05-20 00:53 | 海外
ウィーン発10:05→パリ着12:10
ホテルは前回と同じホテル。しょぼいホテルなの(>_<)
だけどなんといってもプランタンに徒歩5分、駅へも10分足らずという利便性は最大の魅力。

それなのに今回パリで観光と買い物できる時間は数時間だけ。
夫の前回旅行の反省?教訓?今回はパリに長時間私を放置しないプランになってる。 
プ、プランタン(ToT)/~~~  苦笑
とはいえ、前回だってブランド品や高級品を買ったわけではないのですよ。雑貨ばかり

そして今回もミモザの服やリードを買ったり、前回見つけ気に入ったインテリアショップに立ち寄ったり。
残念ながらそのお店、大半の商品が仏像ワールドになっていました。
パリのお部屋に和テイスト、仏像を置くコーディネートのお洒落な感じはわかるけれど・・・
私の趣味ではないので、楽しみにしていたお店だけにがっかりしました。
それでもインテリア(置物、雑貨)やプランタンでちょこちょこと買い物はできました。
また何かのおりにお土産雑貨UPしますね~

夕食は19時に予約してあるモンパルナスタワー内のレストラン「ル・シェル・パリ」へ
超高層ビルの56階にある展望レストランです。

この高層ビル、パリの街並みの美観を損なうと、建築にあたり随分物議を醸したそうです。
確かにこの街並みにニョキッと無機質な高層ビルは違和感があるといえばありますね。
でもこのレストランからパリの街並みが一望できるとあり、多くの観光客でにぎわっている人気レストランとなっています。

旅行前、「パリの夜景を見ながらディナーなんて素敵ぃ♪」と喜んでいる私の隣で何度も夫が
「おのぼりさん(観光客)がのぼる(高層)レストランだし、値段的にも料理はあまり期待しないで。
でも景色は最高」と言っていましたが、夫が日本で予約の際、結婚記念日だからなるべく静かな窓際の席をと
希望してくれたおかげで本当に窓際特等席を用意してくれていて、レストラン側の配慮が嬉しかったです。

180度パノラマビューに感激(#^.^#)

私だけじゃないです。パシャパシャお客さん達、撮る撮る。 笑

19時30分
a0187426_21253492.jpg

20時30分
a0187426_2146964.jpg

21時
a0187426_21462878.jpg

21時30分
a0187426_21274954.jpg

この時期のパリは夜9時過ぎても暗くならないのです。

この景色を眺めながらお料理はコースでいただきました。写真はコースの一部
a0187426_21325044.jpg

a0187426_213369.jpg
a0187426_21332118.jpg
a0187426_21333690.jpg


夫に感謝、良い結婚記念日になりました(^^)

―おまけ―
全ての席が窓際でないので、もし行かれるなら早めの予約をおすすめします。(日本から簡単にネット予約できます。)
私は明るいパリの街並みも見たかったので19時スタートにしましたが、行く時期の日没も調べた方がいいです。

旅行記、ずっと読んでくださっている皆様ありがとうございます。
あと2回お付き合いくださいませm(__)m

056.gifいつもお越しいただきありがとうございます。
ランキング参加しました。励みになりますので
↓ポチッと一票いただけると嬉しいです(#^.^#)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村

[PR]
by mimoza1105 | 2011-05-18 21:59 | 海外
5/1(日)メイデー(メーデー)をウィーンで過ごしました。
朝早くから旧市街のオペラ座の前の大通りはスローガンが書かれた大きなプラカードを持った
多くの団体が通りを練り歩いてちょっとしたお祭り騒ぎ。
a0187426_23202293.jpg

そもそもはヨーロッパの歴史的文化において、春を祝う日であった5月1日(MAYDAY)が
アメリカで労働者の日に変化していったらしいです。

当初の予定にはなかったけれど、夫が「面白そうだからちょっと見学していかないか?」と言い私も「賛成」と。
個人旅行、それも夫婦だとぱっと予定変更できるのがいいところですね。

吹奏楽パレードに続き民族衣装を着た団体と楽しい雰囲気。
a0187426_23205374.jpg


そんな中、あきらかに周りの団体と違う空気が漂っている。
リビアの自由を声高に叫ぶ集団。
弾圧がひどい頃、いや今でも本国なら自分の命を賭ける(落とす)ことになるかもしれない。
TVの画面を通して見るのとは違う。魂の主張、叫びとはこういうものだと肌で感じました。
a0187426_23212671.jpg
a0187426_2322859.jpg

一昨年チュニジアに旅行に行きましたが、その時チュニジアは平和でした。
昼間から男の人達が(傍目には)仕事もせずだらだらカフェでくつろぐ姿、姿。
そんな中今回の発端となったチュニジアで起こったジャスミン革命。

あの(傍目には)のん気そうに見えたチュニジア人の生活の裏には、あれほど抑圧された思いがあったとは。
リビアの自由を叫ぶ声を聞きながらそんな事を感じていました。

話は変わり

旧市街やその周辺を観光をするのに市電結構便利です。
a0187426_23261437.jpg


『美術史博物館内』
a0187426_23285938.jpg


階段奥はレストランもあります。
a0187426_23311059.jpg

ちょっと失礼して上からの写真
a0187426_23312756.jpg

完全予約制でビッフェスタイル。料理内容はホテルビッフェ?朝食ぽい?味も普通でした。
でもこの博物館内という雰囲気は二重丸ですね。

こちらはイタリア語で「美しい眺め」という名前の宮殿
『ヴェルヴェデーレ宮殿』にクリムトの「接吻」他、名画芸術品が数多く展示してあります。
a0187426_23264734.jpg

クリムトの絵の鑑賞を楽しみにしていました。
期待以上の作品の数々、見たかった「接吻」も最高!そして宮殿もとても美しいのでおススメです。

夜のお楽しみぃ♪
旅行前、夫からウィーンで何が食べたいと聞かれ私が思い浮かんだ物
それは「ザッハ-トルテとウィーンカツレツが食べた~い!」ま、これしか思いつかなかったのだけど(^_^;)
でもやっぱりどちらも有名みたい。ウィーンでもザッハー、デメルは超満員だしそしてここも人気

老舗の超有名店「フィグルミュラー」に行ってきました。(支店の方)
a0187426_2333893.jpg

予約なしで20時頃行ったら20人以上待ちでしたが、皆これしか注文していないから回転は速かったです。

ちなみにウィーンカツレツはウィーナー・シュニッツェルという料理名です。
a0187426_23322955.jpg

見てこの大きさ!!でも薄くのばして焼き上げたカツレツは意外とあっさりしていました。
衣もサクッとしてジュシー。パクパクどれだけでもお腹に入っちゃう美味しさ(#^.^#)
プハーッ、そしてビールも旨し。

突然この写真。名古屋っ子ならすぐわかりますよね。
a0187426_23333280.jpg

以前行った名古屋名物矢場とんのわらじかつ(味噌&ソース)だがね。
この1枚の大きさを知っとるなら、ウィーンカツレツがどんだけ大きかったか想像してみてちょ!
もうびっくりこいたわ(@_@)

名古屋の街だがねといいたいけど、ウィーンの夜。明日早朝パリへ出発です。
a0187426_23351967.jpg


056.gifいつもお越しいただきありがとうございます。
ランキング参加しました。励みになりますので
↓ポチッと一票いただけると嬉しいです(#^.^#)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村

[PR]
by mimoza1105 | 2011-05-17 23:57 | 海外
4~5回で終わらせるつもりが、思い出がこんこんと湧き出てきて、あれもこれも書きたくなり8回くらいになりそうです。
つたない旅行記ですが皆さまご覧いただきありがとうございますm(__)m

ウィーンの前に世界遺産のハルシュタットにも行ったけれど、ウィーンを先に書きますね。

朝、ウィーンの旧市街にある有名なカフェ「モーツァルト」に行きました。
マホガニーのテーブルにシャンデリア。1794年開業の老舗カフェです。
a0187426_2245055.jpg

a0187426_2254946.jpg

ケーキも食べたかったけれど朝食を食べたばかりなので止めました。
ケース内の写真
a0187426_2251623.jpg

美味しそうだけど日本のケーキの方が繊細な気がしませんか?

昼は旧市街、そして市電に乗り旧市街周辺を散策。
今日は旧市街で寺院見学と買い物、翌日の昼は宮殿、クリムトの絵等を鑑賞しました。(次回日記)

夜は私が今回の旅行で楽しみにしていたウィーンオペラ座でバレエを鑑賞しました。
でもバレエ好きかと聞かれると…テへへ 日本で鑑賞したのは3回程
それも熊川哲也率いるKバレエカンパニーだけ。ミーハーかしら
だけどウィーンかパリのオペラ座で一度はオペラかバレエを鑑賞したいじゃないの(^_^;)やっぱりミーハー

これがオペラ座です。
a0187426_2262092.jpg


中も豪華絢爛
a0187426_2264274.jpg


客層は思ったよりバラバラで服装もまちまちかな~
a0187426_2271232.jpg

日本人は普段からそこそこお洒落にしているから、手持ちのちょっと素敵なワンピースとか華やかなブラウスで充分対応できると思います。
とはいえ、見るからにマダムな女性やその家族に、ついつい見とれてしまいましたが。
ロングドレスが着たい方は是非。お着物なら尚素敵(#^.^#)

バレエは「ドンキホーテ」
a0187426_2273985.jpg

内容は詳しくなくても見ているだけでストーリーはわかりました。
何よりも完成度の高い舞台に圧倒されると共にその美しさに溜息。

カーテンコールは撮影可なので思わず何枚も撮りましたが、興奮でピントが合っていませんね~
拍手と共にあちこちからブラボー、ブラボーという声もあがっていました。
a0187426_229231.jpg

a0187426_2291928.jpg

キャストに日本人の女性の名前が2~3人ありました。異国で頑張っているのですね(^^)

幕間が2回あり皆こぞってここに集まりしばしお酒やおつまみを楽しみます。
それがこの部屋。始まる前の写真ですが、休憩時はここに丸テーブルがずらっと並びます。
a0187426_228318.jpg


思い思いの飲み物で皆会話を楽しんでいます。
私達が飲んでいるのはスプリッツアーというカクテル(白ワインを炭酸で割ったもの)
泡がいいと夫に言ったのに・・・確かにある意味泡だけど・・・
a0187426_2283631.jpg

奥に写っている男性は夫じゃないですよー(見ればわかるって?)

オペラ座の雰囲気にバレエにお酒に酔った夜でした。

056.gifいつもお越しいただきありがとうございます。
ランキング参加しました。励みになりますので
↓ポチッと一票いただけると嬉しいです(#^.^#)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村

[PR]
by mimoza1105 | 2011-05-16 22:24 | 海外
海外旅行に行って必ず覗いてしまう場所。
それは地元のスーパーやマルシェ。
今回はザルツブルグの朝市にお邪魔しました~。
a0187426_2304823.jpg


この時期といったらなんといってもシュパーゲル(白アスパラ)。
日本だと国産シュパーゲルはフレンチのお店で(バカ)高いお値段ですよね。
こんなふうにたくさん売られていると、見ているだけでウキウキしますね♪
a0187426_231107.jpg


シュパーゲルといったら、この日の前日レストランで「ホワイトアスパラのお料理はありますか?」と尋ね
お店の人「??」
私「だからホワイトアスパラガスのメニュー・・・」←片言英語&大きな声
お店の人「???」
隣で夫がシュパーゲルと言いお店の人に通じました。←でもメニューになし ガッカリ

ドイツ語ではシュパーゲルなのね。。
発音悪し?それとも英語でも言わない?もしかしてホワイトアスパラで通じるのは日本だけかしらん?(^_^;)

マルシェをぶらつくと必ず買い物したくなる私、チーズを買いました。
お姉さんが可愛いのでこのお店にしよっと(オヤジか 笑)
持ち帰りの機内を考えさすがにトロトロ系のチーズはやめてハードタイプを購入しました。
生ハムは最終日真空パックの物を購入。ほんとはケース内やぶら下がっている方が美味しそう。
ブルーチーズ買いたかったなぁ~。買ったのは写真右、ケース上のチーズです。
a0187426_231498.jpg


買い物後はデメルへ(写真右建物)。澄み切った青空、この日も朝から良いお天気だったのでテラス席に座りまったりカフェタイム。
a0187426_2353473.jpg


このザッハトルテをめぐりホテル・ザッハーとデメルでどちらが正統派ザッハトルテかを巡り7年もの裁判があったとか。
結局どちらもザッハトルテを名乗ることで決着しました。
ホテル・ザッハーはアンズのジャムを内部にも挟むのに対し、デメルのザッハトルテは表面にのみ塗るという違いがあります。
a0187426_2361056.jpg


両方食べ比べてみた結果、私はホテル・ザッハーの方が酸味をより感じて好きでした。
ま、どちらにしても日本のケーキに慣れた舌だとびっくりする甘さ。
でもチョコの甘みとアンズジャムの酸味のハーモニー、ジャムがジャリとしているところも美味しい。
この甘さたっぷりケーキに生クリームまでついちゃう←カロリーの事は考えない(>_<)


帰宅後、GW最後の休日は五月晴れ。買ってきたチーズと生ハムでランチしました。
a0187426_2363879.jpg

シュパーゲルでなくグリーンアスパラ、でもってムール貝でなくあさり(^_^;)
a0187426_2365511.jpg

でもチーズはほんのりスモーク風味、生ハムもねっとりでどちらもコクがありとっても美味(#^.^#)
そうそう塩コショー入れも今回の旅行で買ったものの一つ。ユニークで可愛いでしょ。
我が家でもう一度旅気分が味わえました♪

056.gifいつもお越しいただきありがとうございます。
ランキング参加しました。励みになりますので
↓ポチッと一票いただけると嬉しいです(#^.^#)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村

[PR]
by mimoza1105 | 2011-05-13 23:27 | 海外
無事飛行機にも間に合いオーストリアのザルツブルグに到着しました。
ザルツブルグは塩の城という意味でこの街は塩によって栄えました。

旧市街にモーツァルトの生家や史跡があります。
彼の名前がついたモーツァルト小橋やモーツァルト広場もあり、郷土の誇りに思っているのでしょうね。
で、街中いたるところに彼の土産物店が。チョコ、カップ、Tシャツetc…(でもぉ、顔Tシャツお土産に頂いてもねぇ~(^_^;))
a0187426_20294539.jpg


民族衣装も色鮮やかで可愛らしい。
a0187426_054246.jpg


ゲトライデ通りは旧市街で最も賑やかな通りで観光客であふれていました。
でも夜になり灯りが灯るとぐっと良い雰囲気に。
a0187426_20303788.jpg


この通りにある「クリスマス」というお店。
イースターやクリスマスエッグやガラスのオーナメントを1年中扱っていますが
その種類の多さと美しい絵柄といったら、もううっとり。
喜ぶであろう義姉や友人を思い浮かべながら思わず10個大人買い。
日本円で1万弱を支払う時、卵の殻10個に1万円とちょっと心が痛みましたが・・・可愛いですよね(^^)
お持ち帰り包装も10個入り卵のパックなの。割れなくてよかった!ホッ
a0187426_20315672.jpg


ホテル目の前の橋の上からの風景です。
川の左側は旧市街で遠くに見えているのがメンヒスベルクの丘といい頂上は展望レストランになっています。
最初夫はこの旧市街を一望できるレストランで夕食をと考えていたようですが
夏場6月~開店ということで予約できなかったとのことです。う~ん、、残念でした。
a0187426_20323277.jpg


これが翌日早朝にエレベーターで昇ったレストラン横の展望台からの眺め。灯りの煌めき眺めながら夕食したかったなぁ~。
a0187426_20325468.jpg


でも、宿泊したホテルからの眺めもかなりgoodで、セレクトしたした夫を褒めてあげたいというかあげました。(^^)
正面に見えるのが大聖堂、丘の上はザルツブルグのシンボルでもあるホーエンザルツブルグ城塞
a0187426_20341387.jpg

(さすがガイド本や行った人達のブログで入念にリーサーチしただけあるわ←彼の趣味)
もっと高級ホテルとかもあるのでしょうけど、この景色を眺めながら屋上レストランテラスでの朝食、私はここで大満足でした。

大聖堂の中は荘厳でした。ドーム部分は大戦で崩れ落ちて修復したので天井画の色が新しくて鮮やか。
a0187426_211058.jpg


貴族や王族に愛され世界的に有名なチョコレートケーキ「ザッハートルテ」で有名なお店。
これはホテルザッハの中のお店です。
甘い物はこのお店で購入しようと決めていて、友人や知人のお土産にトルテやチョコをたくさん購入しました。
a0187426_20383893.jpg


写真奥の棚に小さなトルテが入っている丸い箱が見えますよね。
帰国時、パリの空港であの箱を数個手荷物にして飛行機に乗ろうとしたら、
「バッグの中でゴロゴロしている丸い謎の物体。不審物は何だ!」と手荷物検査にひっかかり(>_<)
ちょうど運悪くバッグ持ち主の私自身も検査にひっかかり、身体検査を受けなくてはいけなくて。。

身体検査の後はバッグの中の丸い箱を全部開けて「ザッハ、これもザッハ、これもザッハ」と説明する羽目に(>_<)
もう見ればわかるでしょ!ていうか、こんなどこからどう見ても善良そうな人間(たぶん)を疑うなんて ふん!

夫いわく、「見た目悪そうに見えない人間が実は悪いこと(暗躍)してるんだって。ケーキと見せかけた丸い爆弾とか、ブーツにヤク隠し持ったりしてさ」とニヤニヤ。




「姐さん」「アニキ!」そんなこんなでブツを日本に運んだのでどうか味わってくださいな(^_-)

次は世界遺産のハルシュタット観光にしようと思ったけどウィーンのオペラ座とクリムトの接吻鑑賞にしようかな。
備忘録的旅行記でもあるので、(くどく)あと4回程続きますが、もしご興味がある方はお付き合いくださいね(^^)

056.gifいつもお越しいただきありがとうございます。
ランキング参加しました。励みになりますので
↓ポチッと一票いただけると嬉しいです(#^.^#)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村

[PR]
by mimoza1105 | 2011-05-11 20:59 | 海外
G.Wにオーストリア・フランスに行ってきました。
個人旅行ということもありアタフタ珍道中もありましたが楽しい旅行でした。
備忘録も兼ねて順にUPしていこうと思います。

機内
朝10:40発。すぐからシャンパンを飲み、ビールを飲みチーズを食べ、本を読むつもりが(-_-)zzz
ハイ!まだ旅は始まったばかりです(^_^;)
a0187426_164298.jpg

a0187426_1645425.jpg


ドイツ(マインツ)
中部国際空港からフランクフルト空港経由でオーストリアへ。
フランクフルト空港で5時間待ち時間があり、空港から電車に乗りマインツへ行きました。

フランクフルト空港はちょうどフランクフルトとマインツの間にあります。
なので空港で数時間余裕があるなら、主だった観光地としてどちらかに行くこともできます。

マインツ大聖堂周辺は第2次大戦の戦災を免れた古い木組みの家が建ち並ぶキルシュガルテン地区
旧い街並みで地元の人や観光客で賑わっていました。
でもどこででもわんさか見かける中国人はもとより、この時は東洋人は一人も見かけなかったですね。

マインツ大聖堂
a0187426_195841.jpg

a0187426_201378.jpg


同じ犬種(ジャックラッセルテリア)を飼っていると話したとたん、にこにこフレンドリー
ぺらぺら(ドイツ語&英語)(^o^)顔の飼い主さんと、へらへら(単語&片言)(^_^;)顔の私。
a0187426_1662158.jpg


子供はどこでも可愛いですね。
a0187426_1663727.jpg


おやつの時間、ドイツといえばやっぱりビールでしょ(#^.^#)
ということで、下調べしておいた地元で有名な地ビールレストラン「Eisgrub-Brau」のテラスでかんぱーい♪♪
奥のお皿はチーズ味のニョッキのような、いや大根餅のような不思議な食感で茶色の粒々はディルシード。
ぐるぐる渦巻きソーセージはスパイシーな固めのハンバーグのようでどちらもビールにピッタリ。
香辛料好きにはたまらないお味だわ!
a0187426_1672577.jpg

ビールが陶器のコップで写真的にはちょっと残念。味はフルーティでとっても美味しかったです。
a0187426_1675283.jpg


お天気も良いし風は爽やか、ビールもお料理も美味しいし最高気分。
路上でSAXを吹いているおじさんにリクエストしてjazzを楽しんだりとブラブラ散策。
a0187426_1681276.jpg




と、この時はこの後すぐ、ドキドキ真っ青になることをまだ知らないのん気夫婦でした。


ぎりぎりまで遊び電車に飛び乗ったら、途中からいきなり右の線路へガッタンゴットン!
ぁあああ~ 私は空港、左に行かなくてはいけないのよ~(ToT)/~~~

あわてて次の駅で飛び降りたらそこはさびれた無人駅。。だ、誰もいない。。
電車は通過しちゃうしタクシーもいないし来ない。飛行機の時間は刻々と迫ってきてる。ドキドキ

やっと止まった普通電車に飛び乗り、地元の10代の男の子にタクシーの停まっている駅を聞き出し、
タクシーを思い切り飛ばしてもらいなんとか無事間に合いました。
嬉しさのあまり夫はタクシーの運転手さんに「ダンケ シェーン(ありがとう) ミハエル・シューマッハ(ドイツ人初のF1チャンピオン)」
と言って握手したら、運転手さん思わず笑ってました。

ふぅ(-_-;)高いビール代になってしまったわ。楽しかったけど。
さ、気を取り直していざオーストリア(ザルツブルグ)へ

個人旅行って何が起こるかわからないところが面白いナ(強がりじゃなくってよ アハハハハ)
ほんと、私達夫婦のようにドジさえしなければ、待ち時間にマインツおススメです(^^)

No.2 ザルツブルグ・ウィーンへつづく(予定)

056.gifいつもお越しいただきありがとうございます。
ランキング参加しました。励みになりますので
↓ポチッと一票いただけると嬉しいです(#^.^#)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村

[PR]
by mimoza1105 | 2011-05-08 16:50 | 海外

日々の彩り徒然なるままに


by mimoza1105