<   2011年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

週末は料理好きで、既に趣味の域を超えている友人(主催)宅に皆でお邪魔する予定です。

今回の催しは「ドイツ映画を鑑賞した後、ドイツ料理を食べよう会」です。
鑑賞後は映画の感想会と皆でワイワイ楽しみながらドイツ料理を作ります。

そして料理に合わせたビオワインも楽しんじゃいます。
今回はもしかしたらドイツビールかも。グビグビィィ
でね、もう最後は酔っ払いの会なの。グダグダァァ

以前参加した時はこんな企画で皆を楽しませてくれました♪♪
(参加の唯一のルールは課題本を事前に読了しておくこと)

☆トルコに関する本の読書会&トルコ料理会(ドルマやシシケバブ等10品くらい手分けして作りました)
勿論トルコの香辛料サルチャも使っています。(料理の一部)本格的でしょ!
a0187426_1746505.jpg

a0187426_17475094.jpg


☆北アフリカに関する本の読書会&北アフリカ料理会
モロッコといえばクスクスやひよこ豆は欠かせません。(料理の一部)
a0187426_17492173.jpg
a0187426_17505477.jpg
a0187426_1751551.jpg


ビオワインも各料理に合わせてセレクトのこだわりよう
a0187426_17551492.jpg


これは参加した会の一部をUPしましたが
『どうせ遊ぶならテーマを決めて楽しく真剣に遊ぼう♪』がモットーの友人のお陰で
いつも楽しませてもらっています。ありがとうネ!

では、真剣に遊んできま~す(#^.^#)

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2011-07-28 18:19 | 会・友人宅
『吾輩は子猫である。名前はまだ無い。
どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。』



野良母しゃんとはぐれ栄養失調でふらふらになっているところを優しい女の人に助けられた。
獣医さんの話によると吾輩は2か月弱らしい。

ここにきて10日、すっかり元気になり今では優しい女の人(お母さん)のお膝で寝るのが一番好きである。

でも名前はまだ無い。

お父さん、お母さん、、お兄ちゃん、お姉ちゃんが吾輩の名前を自分で決めたがっているためだ。

吾輩はレオンになるのか。。。それともバロンなのか。。。はたまた。。。
おぉ、なんだかカッコイイ名前になりそうである。

―近所の友人宅にて―
a0187426_22215233.jpg
a0187426_2222784.jpg


いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2011-07-26 22:25 | 会・友人宅
台風後は一気にセミの声が鳴り響いています。
それでも昨日、今日は風もあり、からっとした暑さで過ごしやすい名古屋です。

こんな暑い日にぴったりの新生姜がたくさん入ったパスタを作りました。
このパスタは職場で一緒の女性に教えてもらったのですが大ヒットの美味しさ!
a0187426_1739187.jpg


500gのパスタに新生姜の千切りが130g、パセリのみじん切りも山盛り入っています。
ペペロンチーノ&蜂蜜と米酢等を合わせたソースで冷たくしていただきます。
新生姜の香りが鼻腔をくすぐる、この時期限定の爽やかな一品。おススメですよー(^^)

パスタと一緒にいただくのは、スーパーで偶然見つけたこのチーズ♪
a0187426_17393981.jpg


G.Wにノルマンディ地方を旅した時に乗り継ぎで降りた片田舎の小さな村、ポン=レヴェック。
チーズの名前も「ポン=レヴェック」
a0187426_17401239.jpg

a0187426_21233893.jpg


村の特産品のチーズはノルマンディ最古のチーズでやわらかなボディは
香り控えめで香ばしいと本には書かれているけれど・・・
「え?こ、これで控えめ?」チーズ好きには堪らない香り?ちょっとアンモニアちっく

ねっとり濃厚チーズを食べながら楽しかった旅を思い出しました。


9月より着付けを習い始めます。ますます和の世界へ~~
仕事、家事、お稽古(テーブルコーディネートとフラワーアレンジメント・謡と仕舞・着付け)
ますます忙しくなりそうです(@_@;)

皆さんもどうかご自愛くださいね(^^)

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2011-07-24 17:55 | 家族・家・料理・庭・愛犬
どこの国の料理?と聞かれたら、さてどこでしょうというような物を時々作ります。

前回のブログ同様、実家でとれた夏野菜を使って以前作った料理をご紹介しますね。

☆どこの国?なんとなくエスニックメニュー
a0187426_1739383.jpg

・焼き野菜とタコのサルサ・・・ハラペーニョを効かせてパンチのある味に、これはメキシコかな?

・タジンにチュニジアの香辛料のハリッサを添えて・・・チュニジアではパルミジャーノ・レッジャーノチーズを使った固くこんがり焼いたオムレツのような卵料理をタジンと呼びます。

ハリッサ(Harissa)は、パブリカ、コリアンダー、とうがらしの少し辛いペーストです。

・お中元でいただいたハムと、実家でとれたきゅうりとトマト

チャパティを焼いて、お好みの具材を挟んで食べます。

☆インドネシア風夏野菜カレー
a0187426_17392887.jpg

・カレーはココナッツミルクと香辛料を組み合わせて、しし唐の苦みがいい味出してます
・アル・アチャール・・・ネパール風ジャガイモの漬物
・牛肉のサンバルとチャツネ煮・・・付け合せ

☆人参のホーリア(サラダ)・・・7月、間引きした人参を使って。チュニジア料理に欠かせない香辛料キャラウェイシードが異国の香りを引き立てます。
a0187426_17395025.jpg


☆ナスとトマトのオジャ・・・北アフリカではオジャとは「鍋」「煮込み料理」を言います。スペインのオジャが日本に伝わり「オジヤ」という言葉になったとか。クミンの香りが食欲をそそります。
a0187426_1740139.jpg


☆玉ねぎとミニトマトの冷製スープ・・・ディルの香りが引き立つ、夏にぴったりの爽やかスープです。
a0187426_17403636.jpg



ナス、トマト、きゅうり、しし唐、じゃがいも、玉ねぎ
これらは多くの国で使われるから比較的作りやすい野菜ですね。
夏野菜を使って今度はどこの国の料理を作ろうかしら♪♪
それにしてもどの料理も材料費かかっていませんね~(^_^;)ヤスイリョウリダァ

え?本場の味かどうかって??
遊び心というスパイスが効いています(^^)

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2011-07-21 17:55 | 家族・家・料理・庭・愛犬
台風の雨風の音に目が覚めて書いてます。
皆さんは台風の影響はいかがでしょうか。
日本列島を被害が最少に無事通り過ぎることを祈るばかりです。

実家の家庭菜園、無農薬の夏野菜です。
このお馴染みの夏野菜を使って、今回はギリシャ料理を作ってみました。
a0187426_1583844.jpg


さてギリシャ料理と言えば、味付けのポイントは何と言ってもオリーブオイルと塩。
オリーブオイルと塩は日本でいう醤油のようなものです。

あとトマトソース、レモン、ハーブ(スパイス)などと味付けは比較的シンプル。
他に欠かせない物といえばヨーグルト、オリーブの実や、フェタチーズ、ギリシャワインでしょうか。

今回はムサカ用のひき肉とメカジキがお安かったので購入したくらいで
実家の野菜を中心にあとは家にあるもので作ってみました。
家庭料理ですもん!ある材料で気軽に作りま~す(^^)

ギリシャの青い海と白い建物をイメージして簡単コーディネート。
a0187426_159198.jpg


ムサカ。
焼き(揚げ)ナスとマッシュポテト、トマトソース味のひき肉、チーズを何層か重ねてグリル。
私は浅皿で2段重ねでしたが、美味しくて誰もが喜ぶ一品です。
a0187426_1594813.jpg


オリーブオイル、塩胡椒、ニンニク、ハーブで魚と野菜をグリル。サジキをかけていただきます。
a0187426_202810.jpg


「サジキ」とはヨーグルトにすりおろしたキュウリとニンニク、オリーブオイル等を加えたソースです。
私はここに生クリームを入れてコクを出しました。
このソース、さっぱりとしていてお肉やお魚によく合います。ムサカにかけてもgood!

ギリシャ旅行した時、メイン料理の脇にご飯が添えられていることが多くて
あちらは主食というより、温野菜の感覚みたい。
たとえばこんな感じ(旅行の写真)あまり綺麗な写真じゃないですね(^_^;)
a0187426_219132.jpg
a0187426_2192970.jpg


そのお蔭で日本食が恋しくなることはなかった記憶が・・・(^^)
そのお蔭(せい)で旅行中3㎏太った苦い記憶が・・・(ToT)
でも家族全員ギリシャ料理が大好きでした♪♪

今回はインドのバスティマライスを使用しましたが、長い米なら何でもいいかと。
フレッシュトマトを使いトマトピラフ風に。これ家族に大好評でした。
a0187426_284528.jpg


パプリカ入りチーズとワイン・アンチョビ入りオリーブはイタリア産(そこは適当~)
a0187426_213989.jpg


レストランじゃないし、料理の専門家でもないから、なんちゃってギリシャ料理ですが
作る私も、食べる家族も異国の料理を前に何となくウキウキ♪笑顔。

暑い日が続くと作る気も失せますよね。
でも料理一つで旅行気分(ごっこ)も楽しいものですよー(^^)

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2011-07-20 02:27 | 家族・家・料理・庭・愛犬
毎日暑い日が続きますね。
皆さんお元気でいらっしゃいますか?

7月のレッスンです。「真夏のテーブル」

CAJ名古屋校 Coordination Sophia谷川先生のサロンにて 「本科」受講
谷川先生のブログ→サローネーゼSophiaの美生活サロン!!

トルコキキョウのみの空間花のアレンジレッスンでした。

細い枝キャンのそれぞれの枝先の小さな受皿に小さなオアシス2個を乗せます。
先生が用意してくださった3種類のトルコキキョウ計22本を長・中・短に切り分け分解します。
それをバランスよく、でもラウンド型のように規則正しい形にせず
長短・奥行をつけながら、アンバランスの中のバランスを見つけだし作り上げます。

それが風が抜けるようなイキイキとしたアレンジになるのです。
て、、、なってるかしら?(^_^;)

a0187426_2214712.jpg


型がないことが毎回苦しいところでもあり、ここのお教室のアレンジの素晴らしいところでもあります。

でも出来上がった作品は22本のトルコキキョウのみでアレンジしたとは思えない大きなアレンジでとても豪華。
充実感&満足感(^^)


この写真は一昨年、基礎科の時の、トルコキキョウのみのアレンジです。
a0187426_2233699.jpg


当時はこの大きさで四苦八苦していたことを思うと・・・
ちっとも上達していないと日々感じていましたが、少しずつとはいえ上達しているのかしらん。

これも先生の熱心なご指導のお蔭です。感謝感謝ですm(__)m


さて、テーブルの方は同じ進度の生徒さんの作品を中央に配し、真夏のテーブルです。
透明な三段重を花器にして夏のお花たっぷりアレンジです。
こちらも風をそして流れる水音が今にも聞こえてきそう。素敵♪
a0187426_2242791.jpg


ブルーと黄色の絶妙なバランスが素晴らしいですね~♪
そしてブルーと一口に言っても、素材も色合いも違うものを何種類も使いながらもお互いの色を引き立てあう。
簡単そうでいざ自分でやろうとすると、この組み合わせがとても難しい。
a0187426_2244788.jpg


コンランのブルーの籐の浅い入れ物がとてもいい感じ。
もし氷と色々な種類の冷酒のミニボトルを入れたら皆の大喜びの声が聞こえてきそう。
外の暑さを忘れさせてくれる爽やかな真夏のテーブルコーディネートでした。

夕張メロンのデザートもコーディネートにぴったりマッチして美味しさ倍増でした。
a0187426_2261011.jpg


来月は東京(本校)でCAJの作品展があります(全国からエントリー)
先生も出品されるとのことで、少しだけ構想をお聞きしました。
「わぁ~(#^.^#)」素敵コーディネートになること間違いなしです。

2011・CAJ作品展 8月27日 ホテルニューオータニタワー シリウスの間にて


いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2011-07-16 22:21 | テーブル&フラワー(レッスン)
ちょっとあなどっていました。
今話題の本「心を整える」長谷部 誠 著です。

プロサッカー選手の書いた本、それも若干27歳の・・・
ということで、“大人気90万部突破”と聞いても
書店で大きく平積みされていても
「ふ~ん」などと気にもとめていませんでした。

ところが・・・
先日放送されたソロモン流に出演した彼。
超がつくくらい真面目な人柄に好感を持ち、早速本をお買い求め。

その彼のライフスタイル、普段おこなっているメンタル術など
56の習慣としてわかりやすく書かれています。

こんな感じのまえがきから始まります。
僕のキーワードは「心」です。
スポーツ業界など特に、「メンタルを強くしよう」「心を磨け」と言われるが
僕の感覚はちょっと違います。
「心は調整するもの」「心はメンテナンスするもの」等々

書かれていることは具体例がわかりやすく、何より読みやすい。
彼の人柄でしょうね、ストレートに心に入ってくる気がします。
そして目標に向かい、何事にもコツコツ真面目に取り組む姿勢は尊敬すら感じました。

息子に当てはめるのは、大変おこがましいのですが
うちの息子も真面目(すぎ)。。。
親としてみたらその部分が、時としてはがゆいことも多々あって(>_<)
ほら、やっぱり男なら、友達が多くてちょっと羽目をはずすくらいの
ゆるさやガッツ系も要求したいじゃないの(^_^;)

コミュニケーション能力が人より長けたり、カリスマ性がなくても
目立たずとも、日々心を整え、真摯に物事に取り組めば、それも大きな武器となる。

足りないところについ目がいってしまい、要求しがちだけれど
「息子の武器は何だろう」と改めて考えるいいきっかけにもなりました。
もちろん私自身、大いに参考にしたいメンタル術もあり♪

いつもは成人した息子に本を押し付けたりしないのですが
この本は「読んでみてね」と無理やり手渡し。
何か感じてくれたら嬉しいな。

「人を助けるとはどういうことか」エドガー・H・シャインは、反対に息子から借りました。
組織力について書かれたビジネス書。

先入観や食わず嫌いしないで本を読むことも大切ですね(^^)

ここ最近の本
a0187426_1517277.jpg


「心を整える」長谷部 誠  
ちなみに帯にはこう書かれています。
著者の印税は全額、ユニセフを通じて「東日本大震災」支援のために寄付させていただきます。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2011-07-14 15:29 | 本・ライブ・映画・jazz

カサブランカ

昨年庭に植えた球根がたくさん花・蕾をつけたので切花にして花瓶へ。

私の大好きな花「カサブランカ」
a0187426_214816.jpg


a0187426_22647.jpg


球根を植えたら、あとは何もしないで(信じて)待つだけ。

来年からも季節がくれば自分で目(芽)ざめ成長し

たくさん花を咲かせてくれることでしょう。

育てるのは簡単、なのに豪華、ありがたい花です。



実家に行ったら梅干しが日向ぼっこ。

a0187426_232647.jpg

(一番干しなのでまだ色が薄いです。)

風物詩ですねぇ。母の梅干しが一番好きです。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2011-07-11 02:11 | 家族・家・料理・庭・愛犬
京都の続きです。

お昼も済ませいよいよ師匠がシテ(主役)を務める舞台です。
嘉祥閣にて『春日龍神』
師匠のブログです⇒能楽師吉田篤史の毎日


『山城国栂尾の明恵上人はこのたび入唐渡天しかの国を巡拝したいと思い、その暇乞いに春日明神参詣のため奈良に下ります。春日の里に着くと宮守の翁が現れて、上人が唐・天竺に赴くと聞いて驚きます。
そしてかねてから春日明神は明恵上人を特別に守護しておられるのに、日本を去ることは神慮に背くものであると言ってとがめます。そして仏在世の当時ならば利益もあるが、釈迦入滅の今日ではこの春日山こそが仏が説法された霊鷲山であることなど入唐が不必要であることを説きます。
これを聞いて上人も思い直し、宮守に名を問います。翁は明神の使いであることを名乗り釈迦の一代記を見せる約束をします。やがて一面金色となり八大竜王が幾百の眷族を連れて現れ、他の仏達も参会し御法を聴聞する様を見せます。上人はこの奇特を見て入唐を思いとどまり龍神は消え失せます。』(HP抜粋)

前シテ:尉、 後シテ:龍神

師匠は上背があるので、立っているだけで本当に舞台映えがします。

舞も素晴らしくて、後シテの緩急をつけての、のびやかで力強い龍神の舞に魅せられました。

飛び上がりどんと座る舞は初めて見ましたが、私も心の中で「きゃっ」と小躍り、飛び上がり。

舞の感想、私が書きたかったことが、↓ズバリ書かれています。(Wikipedia抜粋)

『能の舞はきわめて静的であるという印象が一般的だが、序破急と呼ばれる緩急があり、ハコビにおいてもゆっくりと動き出して、徐々にテンポを早くし、ぴたっと止まるように演じられる。稀に激しい曲ではアクロバテックな演技(飛び返りや仏倒れなど)もある。しかし止まっている場合でもじっと休んでいるわけでなく、いろいろな力がつりあったために静止しているだけにすぎず、身体に極度の緊張を強いることで、内面から湧き上がる迫力や気合を表出させようとする特色も持っている。』
この春日龍神のようにダイナミックな舞がある面白い能は時間が経つのもあっという間ですね。
とても心が満たされたいい時間でした。
その前にお腹の方も満たされているし、あ~幸せ(^^)


まだ謡と仕舞を始めて半年過ぎたばかりのワタクシですが・・・
今回京都で袴を仕立てることにしました。
まずは形からの女ですから ホホホ(^_^;)

その昔、嫁入り支度にと母が見立てた着物類は優しいピンクの色合いが多くて、、、
そのほとんど一度も袖を通さないまま、渋い色が似合うおばちゃんの年齢になっちゃって、、、
a0187426_4183629.jpg


でも、舞台なら華やかでいいですよね。
やっと親孝行できそうです。母をいつか発表会に呼ぼうかしら。う~んまだまだ。。。

この青磁色の反物が1か月後、袴になります。届くのが楽しみです♪(波模様の帯も購入)
a0187426_4191211.jpg


ついでに扇袋も購入しました。
a0187426_420085.jpg


舞台衣装(装束)を手がける廣部商事㈱のご主人に
近くの美味しい和菓子屋さんを教えていただきました。

二條若狭屋の「ふく栗・やき栗」栗が丸ごと入ったお菓子
家で早速美味しくいただきましたよ。ご馳走様でした。

それ以外に今回絶対買いたかった和菓子がこちらです。
知る人ぞ知る東山区祇園にある亀屋清永の「清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)」です。
普通のお饅頭の大きさで、ちょっとお高め1個500円也
a0187426_4215098.jpg


何でも奈良時代に遣唐使によって、 伝えられた唐菓子の一種で
数多い京菓子の中で昔の姿そのまま、千年の歴史を伝える驚きのお菓子なのです。

当時は密教のお供え物として作られ、七種の香を入れて包み神秘な香りは清めの意があり
八の結びは八葉の蓮華、形は金袋を表し、20分ごま油で揚げて作られています。

さて、その神秘なお味はというと・・・


実はまだ食べていません(^_^;)

このお菓子の存在を教えてくれた職場の友人と一緒に月曜日に味わってみます。
感想は次回に(^^)
ともあれ、歴史背景のあるオンリーワン的お菓子は大好き♪

今回の一人京都、100%自分の好みで大満足の日帰り旅となりました。

夫が羨ましがっているので、そろそろ夫プランの京都も一緒に行ってあげないとね。 笑




追伸:清浄歓喜団をいただいて
複雑なお香の香りが口の中に広がり、仏様のお下がりをいただいたような
有り難いお味でしたよー(^^)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
[PR]
by mimoza1105 | 2011-07-10 04:30 | 能楽・京都
一人京都に遊びに行ってきました。

お能には平家物語を題材にした演目が数多くあります。
そして平家物語好きの聖地(大げさ 笑)というべき場所が六波羅蜜寺を中心とした一帯なのです。

六波羅蜜寺は空也上人により開創された西国第17番目の礼所です。
a0187426_2185983.jpg


平安後期にはこの六波羅は、当時清盛を頂点に権勢を誇る平家一門の邸宅が
5千2百余りに及んだ一帯です。

今回、空也上人立像と平清盛坐像の見学と、それからこの地に立ち
目を閉じて、栄華を誇った平家一門に思いを馳せたくてやってきました。

これを書きながらまるで私歴女みたい、え?痛いって?
あ、あのぉ歴女じゃないですから(汗)

そんな栄華を極めた平家もやがて源氏に追われ、この一帯に火を放ち
西国へと逃げ落ちていき、一族諸共果てる運命なのでした。

そしてこの有名な冒頭から『平家物語』が始まるのです。

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず
ただ春の夜の夢のごとし
たけき者もついには滅びぬ

(意味)
祇園精舎の鐘の音には
永遠に続くものは何もないと言っているような響きがある
まんじゅしゃげの花の色は
栄えたものは必ず滅びるという法則を表している。
権力を持ったものも長くその権力を持ち続けることはできない。
それは春の夜の夢のようだ。
強い力を振るったものも結局は滅びる。
それは風の前にあるちりと同じである。

宝物殿は撮影禁止なのでこれをUPしますね。
a0187426_2182816.jpg


清盛坐像は仏者になってからの清盛で、正面から見ると穏やかな気品ある像ですが
像の前にしゃがみこみ下から像を覗き込むと、顔が一変。

どういう表情かはこれから行く人のお楽しみに言わないでおきますね。
(館の方に清盛や空也上人の見方を教えていただきました)

狭い展示室ですが、他にも平安・鎌倉時代の重要文化財が展示されています。

来年のNHK大河はマツケン演じる「清盛」なので、来年はここも観光客であふれるでしょうね。
今なら静かにゆっくり見学できますよー(^^)

今回の旅の一番の目的は、師匠の舞台「春日龍神」の鑑賞です。
でもその前に腹ごしらえ。
嘉祥閣(舞台)のすぐそばのお店で、鱧のお弁当をいただきました。
a0187426_221632.jpg


鱧をいただくと夏の京都に来ているなぁと感じます。幸せ♪
a0187426_220352.jpg


お出しのきいた冷やし茶碗蒸しの上にトロトロの葛がかかっていて、う~んおいしい。
a0187426_2202419.jpg

熱々鱧入りお吸い物もお出しの香りがたまらない。

師匠の舞台鑑賞の前に、お昼間から生ビールまでいただいちゃってほろ酔い気分。
舞台鑑賞中に眠気がこないか心配。
って、我ながらいい気なものね(^_^;)

―つづく―

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2011-07-10 02:40 | 能楽・京都

日々の彩り徒然なるままに


by mimoza1105