<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

バイト先

長男のバイト先のお店に夫婦で出向きました。

息子いわく「自分がバイトじゃない時に行って」

「ハイ、ハイ」あなたがいない時に行ってきましたよ。

本山から少し猫が洞通りに入ったところにある洋食屋「キッチンスギヤマ」さん

小皿料理の後、コースをいただきましたが、美味しくてしかもボリューム満点。

夜のコースで、なんと一人2,300円(飲み物別)

懐かしい響き、お値打ちで美味しいし『洋食屋さん』って実は穴場かも♪♪

これは小皿料理とコースのメインとデザートの写真(写真奥の蟹クリームコロッケが名物)
この他にメインと間違える程のボリューム前菜と、たっぷりのスープとパンと珈琲がつきます。
a0187426_0411236.jpg
a0187426_0413285.jpg
a0187426_0414430.jpg

清潔感のある温かい雰囲気のお店です。

オーナーもとても誠実な感じの方で、息子にとって良きバイト先。

ありがたいことです(^^)

そうそう、良いといえば、まかないの食事もシェフがその日の材料を見て

オリジナルで作ってくれるらしく、裏メニュー的かなりの美味しさだとか。

フロア担当の息子ですが、家で時々料理は作るので

「シェフの技を盗んで家で作ってー」と、催促している母でした。

裏メニュー食べた~い♪

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by mimoza1105 | 2011-11-29 00:52 | 外食・お出かけ@愛知

本☆カフカ「城」

カフカの「城」読書会
a0187426_115841.jpg

これは個人的な備忘録(私のアウトプット事前メモと読書会での皆の感想)なので長々。
でもって、メモなので尻切れトンボ的なわかりにくい文章かも知れませんm(__)m

【事前メモ】
最初読み進めた時、多分誰しも一度は見たことがある夢。
行きたい場所にいつまでも到達できない夢物語(悪夢)の小説かと。
おかしな登場人物達のドタバタ、一向に事が進んでいかない(城に行けない)じれったさ。

途中それだけではないと感じる。
ただし主人公Kを始め、色々な登場人物が出てくるのに、誰に対しても感情移入が出来ない不思議な感じに襲われる。

カフカは読者に感情移入を求めていない?
この小説で、個人の性格は問題にしていない?
村の人達、役人全てが職業を中心に性格づけられている。
誰もが職業的思考・城の管轄内の決まり(律法)に基づき行動→広い視野で物事を見ていない。
この村に到着したばかりのK。彼だけが測量士でありながら、測量士の思考・行動をしていない。

城の管轄の村で受け入れられない存在。←存在の不在。

オルガとの会話あたりから、小説の別の側面が見始めた気がする。
(ある意味社会派)
官僚機構の仕事の進め方
オルガ家族が村八分になっていく様子等々

※カフカの生きた時代、彼の生い立ちをさらっと読む。
カフカの憂鬱
カフカ=Kなのか。


結局、この小説はKが村で右往左往しているだけで、
何も解決しないで物語は終わる。(未完?)
カフカの死後、続きが発見されたらしい(噂)

(おまけ)先日二条城をぐるぐる見学した時に、カフカの城が浮かんだからか、
途中から日本の城と、登場人物が長屋の住人になってしまった(^_^;)


【皆の感想】
ここからは、同じテーブル(6人)の方達との感想・意見の簡単なまとめです。
・物語としては大したことはないが、社会派小説として読むと色々見えてくる。
・カフカの生きた時代背景を知って読んだ方がいい。
・この小説は非常にユダヤ的思考が入っている。→律法の世界観
 (カフカはヨーロッパ化された西洋ユダヤ人として育つ)
・旧約聖書の話と根底に流れるものが同じ。
・神に対する畏怖の念。→神は絶対的な存在
・カタルシスがない。
・登場人物の描写が面白かった。助手の場面は笑って読んだ。
・Yさんがささっと書いた登場人物の似顔絵で皆で盛り上がる。
・幸せ一杯のgさんとGさん。620ページもある中、二人が(だけが)心に響いた文章が全く一緒だったので、ちょっと笑ってしまう。

別のあるテーブルの方に話を伺う。
・度々描かれる登場人物の滑稽な様。
 この小説をカフカは面白がって書いていたのでは。
 ただ翻訳すると、面白さが伝わりきれているかどうか。
(実際カフカは自分の書いたものを、友人達に笑いながら読み聞かせしていたらしい)


これほどカフカが支持されるのは何故か?
この私の疑問に対して、同じテーブルの方がこんな意味合いの感想を。
「読了後なんとなく皆、似たような感想を持つ小説が多い中、
カフカの小説は10人が読めば10人感じる部分が違う小説だ」と。

確かに読む人の取らえる部分により、
滑稽でもあり、社会派でもあり、ユダヤ的世界観もありと…
ウン、確かにそうだ。そこは非常に興味深いと思った。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by mimoza1105 | 2011-11-20 11:56 | 本・ライブ・映画・jazz

この着物が着たかった

昨夜は先月に続き、読書会@藤が丘に参加しました。
今月の課題本はカフカの「城」・ドレスコードは「雪」でした。
雪の場面が多く登場するからかな?

この読書会の参加条件は2つで、課題本の読了とドレス・コードの遵守のみ。
課題本の解釈は個人の自由ということと、他の人の意見・感想を否定しない。
ドレス・コードは全身でもワンポイントでも何でもOK。

これだけを守れば、あとは読書会を皆で楽しもうという、
自由闊達な雰囲気が、とても好感が持てる会なのです。

習い始めて2か月、何とか名古屋帯でお太鼓結びができるようになり、
ちょっとワタクシ、今回のドレスコードは気合いが入っていました。

灰色がかった空からひらひらと舞い落ちる雪のイメージに
見える?見えますよねー(無理強い)
a0187426_12485888.jpg


揃いの道行(着物のコート)を着て寒い冬を演出、
ちらりと覗き見える長襦袢には、これまた雪に着物の女性のワンポイントと
a0187426_1249219.jpg

「雪よ、雪♪いいじゃないのぉ♪カモン雪♪」
畳の上でコーディネートしながら、一人テンション↑↑上がっていました。


なのに名古屋は曇りのち雨という天気。
泣く泣く着物は諦めるはめになりました(>_<)
悔しいのでここにUPしちゃいますね。

本の感想は次のブログです。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by mimoza1105 | 2011-11-19 12:54 | 本・ライブ・映画・jazz
今日はボージョレ・ヌーボーの 解禁日。
家で、又はお店で楽しんでいる人も多いでしょうね(^^)

11月のレッスンです。「秋のブランチ」

CAJ名古屋校 Coordination Sophia谷川先生のサロンにて 「本科」受講
谷川先生のブログ→サローネーゼSophiaの美生活サロン!!

今回は先生より「自分で花を購入して生けてください」と宿題が出されていました。
お題は「センターのお花・紅葉、ボルドーのイメージ・いつものお花代」

まず、どんな花材を使用して、どんな感じにするかイメージして花屋さんに行きました。
使いたかった秋アジサイが、なんと1本1,800円&トルコキキョウが1本550円も。
「わぁ~高い!」急遽変更することに(>_<)

店内をぐるぐる回るうちに、イメージが固まってきました。
あとは値段との折り合いで花を変更したり、本数を減らしたり。

普段は先生が用意して下さった花でレッスンしていますが、
花の仕入れからするのもいい勉強になりました。

さて、秋らしくアレンジしてみましたがどうでしょうか。
先生の「秋のブランチ」セッティングとマッチしているかしら?
a0187426_23235323.jpg


どんぐりの絵柄が可愛い(#^.^#)
a0187426_2325352.jpg

a0187426_232653.jpg


家に持ち帰りチェストの上に飾ってみました。
お部屋が一気に深まる秋に、ボジョレーが飲みたくなりますね。
a0187426_23282328.jpg


いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by mimoza1105 | 2011-11-17 23:40 | テーブル&フラワー(レッスン)

ソウルメイト

実家の母から宅配で冬野菜が届く。

家庭菜園でとれた大根、カブ、里芋、ほうれん草。

早速、柔らかい大根葉は菜飯、茎はごま油と練りごまで炒め煮、大根は豚汁に。

大根をまるごといただき、母に感謝(^^)

a0187426_1604682.jpg
a0187426_1605910.jpg

私のお気に入りのお店。

昨夜は30年来の友人と一社にあるHot Club de Cafeに。

昔からずっと変わらない、彼女の持つ空気感が好き。

全部語らなくても気持ちがわかり合える心地よさ。

前世の話もちょっとして、

もし前世が存在するのなら、きっと私達ソウルメイトだねって。

その時代では二人、どんな関係だったのかしらと想像してみる。

グラスを傾けながら069.gif

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by mimoza1105 | 2011-11-12 16:06 | 外食・お出かけ@愛知
我が家のハナミズキも色づきました。
狭い庭ゆえ、2階リビングのベランダから間近で、この秋景色を楽しんでいます。
緑から赤に移り変わる、ちょうどこの色合いの頃が好きです。
a0187426_2081418.jpg


先日は息子達の出身高校である、A高校のお母様方とランチをしてきました。
双子の息子達は今24歳。次男の高校1年時クラスの、母の親睦会が定期的にあります。
年2回の会とはいえ、20名近いお母様達とは、かれこれ8年、交流が続いています。

A高校は昔は愛知一中と言い、藩校から数えると130年以上の歴史ある高校。
多分愛知の県立高校の中でも1、2位を争う自由闊達な高校なんじゃないかしら。
公立高校だけど、服装は私服OKだし、昔は学生運動もさかんだったとか。

なので、良い意味でのバンカラ気質が伝統。
今でも生徒は自由の精神や独立心・自立心が強い子が多い気がします。
いつ何を言い出すか、何を実行するのかと、子供達の事を信じてはいるけれど、
幾つになっても、どの親御さんもハラハラドキドキ。

24歳といえば立派な大人。それは頭では理解しています。
でも、いつまでも日々の事から、行く末まで心配してしまうのが親ですよね。

さて、我が息子達
長男は大学院2年生で、就活は何もせず、さっさと来春から3年間、博士課程に進むことを決めました。
まだまだ暫く学生生活です。あと3年かぁ…おっさん顔の学生になっていくのね(^_^;)

次男も同じく大学院2年生。
就活は院推薦で本人も第一希望の会社にあっけなく落ち、
2次募集で再度挑戦するも150倍の壁にあえなく撃沈↓↓

リサーチを含む準備不足と、己の実力不足を思い知り、早々と戦線離脱。
他社も受けず、何も粘らず、、、さっさと計画留年の道へ(T_T)

まだ頭の上に目がついている状態とは思いつつ・・・息子を信じてる(たい)親心。
来年はきちんと準備した上で、第一希望を再挑戦することを信じて、
あと1年間、学生するのを許してしまいました。
はい、親ばかです(>_<)バカバカ

24歳の我が息子クン達。就職&自活するのは、一体いつのことでしょうかね~(遠い目)

こんな息子達の話をしたり、他の方達からは内容は違えど驚き、心配話を聞いたりと・・・
母モード全開トークは何時間も。

でもね、お店のプランは可愛く“女子会ランチ”よ。笑
名駅にあるザ サイプレス メルキュールホテル名古屋1F 

乾杯用スパークリングワイン付きフルコースが2,300円とお得なプランでした。
a0187426_2085926.jpg


いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by mimoza1105 | 2011-11-07 20:35 | 外食・お出かけ@愛知

親ばかメロメロ

7歳の誕生日

あたしあの時、売れ残って迎えを待っていたの。
あたし今では、言う事をきかない自立心のある娘に育ちました。
これからもいっぱい可愛がってね。
ミモザより(ジャックラッセルテリア)


ママの手作りケーキと
パパ、ママ、にいに達からのプレゼントよ。
いつまでも我が家のお姫様、宝物でいてね。
パパ、ママ、拓兄、智兄より
a0187426_7532788.jpg

a0187426_7534235.jpg

a0187426_16435965.jpg

a0187426_754215.jpg
a0187426_7541660.jpg

普段のおやつは野菜や干し海老や雑魚(犬用)と渋~い。
ラブリーお菓子(犬用)に、ビックリしちゃうかもね(*^。^*)

小型犬の7歳かぁ。
同年代熟女?同士、これからも宜しくね。
(家族に)我がままは女の特権よ。 笑

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by mimoza1105 | 2011-11-05 08:02 | 家族・家・料理・庭・愛犬

秋晴れの京都散策

前回のブログの続きです。

お能の発表会終えて、京都で一泊して一日観光してきました。
前日はあいにくの曇りのち雨でしたが、この日は秋晴れの散策日和でした。

秋の特別公開期間中ということもあり、一番行きたかった東寺です。
a0187426_16213884.jpg

a0187426_1622054.jpg

秋の特別公開は、五重塔(国宝)の初層の仏像の特別拝観や、
観智院(国宝)で宮本武蔵筆の水墨画等が公開されていました。

パンフレット写真
a0187426_16203128.jpg

講堂(重文 室町時代)は、大日如来を中心に、五智如来、五菩薩、五大明王、
四天王、梵天、帝釈天の二十一の(国宝・重文)仏像が立体曼荼羅に安置されています。

【立体曼荼羅】
その圧倒的な強いパワーを目の前にすると息をのみ、立ちすくんでしまう。
いい意味での無力、全ての物は生きているのでなく、生かされているのだと、
ここほど強く感じることができる場所は、京都のお寺でもそんなにないかもしれないですね。


この後は浄土真宗「真宗大谷派」の本山、東本願寺へ。
御影堂の中はうちの仏壇を大きく大きくした感じで、普段は熱心な信者ではないけれど、
静けさの中、手を合わせると、やっぱり自分はお東さんなのだな~と心がほっと落ち着きます。

西本願寺の伝道院。(京都市指定文化財)明治45年の建物で中国~インドまで渡り、
仏教の源流を探ろうとした異端の建築家のデザインは、東洋と異国が混ざり独特な存在感がありました。
a0187426_16231181.jpg


古都京都、これからもモダン建築も見て回りたいな。
(前回はたばこ王の贅をつくし、京都の迎賓館と言われた長楽館(明治42年の洋館)を見学)

錦市場、修学旅行以来の二条城等、あちこち一人気ままに散策
風爽やか、本当に気持ちの良い秋晴れです。
a0187426_16233672.jpg


二条城の二の丸御殿の33の部屋、大広間、黒書院、白書院等をぐるぐる回っていると
今読んでいるカフカの「城」を思い出しました。
どれだけの人を介し手順を踏めば、この二条城に入れるのだろうか・・・
たとえ入ることが許されたとしても、そこでの出来事、本当は誰と会っているのか、
何が真実なのか誰も何もわからない・・・それが城(私の妄想の世界です(^_^;))

お昼はリサーチ候補の中迷った末、冨美家(ふみや)さんの冨美家なべ(600円)に決定。
錦市場脇道にある甘味、おうどんやさんです。
a0187426_16243053.jpg

この名物の冨美家なべは甘めのしっかり効いたお出汁と、
その美味しいお出汁を染み込んだほわっと柔らかいおうどんが特徴(#^.^#)美味しい。

二条城近くの三条会商店街の中にある小さなカフェ、らん布袋さんで靴を脱いでまったり。
a0187426_16244635.jpg

濃茶パフェ。文武両道の精神を学ぶため来日、裏千家の準教授でもあるカナダ人の方のお店です。
a0187426_16245962.jpg


家庭画報のこの写真を見て、行くことを決めていた老舗の末富さん。
a0187426_16251659.jpg

可愛いうさぎの干菓子をお土産に買いました。
a0187426_16254043.jpg


お天気にも恵まれ今回も(自己)満足度の高い京都散策でした。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by mimoza1105 | 2011-11-01 16:38 | 能楽・京都

貴重な体験・夢見た一日

タイトルの状態を帰宅しても若干引きずっています。
これは夢のような経験、備忘録日記です。

平成23年10月30日
私が今年から謡と仕舞をお稽古している吉田嘉謡社の「創立75周年記念謡曲大会」が、
京都の観世会館でありました。
(吉田嘉謡社は師匠のお爺様が開かれました。)
師匠のブログです→⇒能楽師吉田篤史の毎日

全てのお稽古場のお弟子さん達が、5年に1回京都に集まり全国大会が開かれます。
私が入った今年がその5年目にあたり、始めたばかりではありますが、
仕舞で出場することにあいなったのです。

ご欠席のお弟子さん達を除いても、今年出場したお弟子さんの数は約100名程。
番組表には名前がぎっしりです。その中では私が多分一番新入りかと(汗)

a0187426_13231730.jpg

舞台で初仕舞ということで、扇の柄の小紋にしました。それと袴。
しつけ糸がついたままの嫁入り時の着物が、何十年も経ちやっと日の目を。
可愛いピンクですが金と絞りもあり、舞台映えして選んで良かったです。

観世会館は平安神宮のすぐ近くにあります。
a0187426_1321293.jpg
a0187426_13214147.jpg


楽屋入口から入り、楽屋で仕出し弁当をいただきと…気分は〇〇←書くと、ど突かれそう 笑
a0187426_13221347.jpg


観世会館という、客席数も多い能舞台で舞う実力(レベル)で無いことは、百も承知(またまた汗)
でもせっかく師匠に頂いたチャンスですもの、「鶴亀」頑張って舞ってきました。
細かい事はさて置き(というか、忘れたい(>_<))とりあえず無事終了。

能舞台で一人舞う、一言で言うならば“快感そのもの”。
幸せな時間でした。もっと精進しなくては!!
モニターからの鑑賞でしたが、他のお弟子さん達の半能・舞囃子・仕舞・連吟等もとても勉強になりました。

大会後は場所を移して、ウェスティン都ホテル京都で、吉田嘉謡社創立75周年の祝賀パーティが催されました。
師匠と師匠のお父様のお人柄なのでしょうね。
華やかな中にも、とても和やかな雰囲気の会でした。
a0187426_13244949.jpg

会場のステンドグラスも時代絵巻風、京都らしくて素敵でした。
a0187426_13255657.jpg


師匠の(たぶん)愛してやまない焼肉屋「喜楽」さんで二次会です。
広島、東京、名古屋、京都、大阪の若手のお弟子さん達と和気藹々。
フルコースを食べてお腹がいっぱいと言いながら。ベツバラ♪ベツバラ
タン、ロース、カルビ美味しい(#^.^#)
a0187426_13263447.jpg

最後、カラオケでは師匠の生「モニカ」まで聞けて嬉し~♪

師匠へ
能舞台で仕舞という、夢のような機会を与えてくださってありがとうございました。
今後共宜しくお願い致しますm(__)m


パーティ会場のホテルで一泊。
東山の街、夜景が一望できる部屋なのに、一人帰ってすぐバタン(-_-)zzzはちと、もったいなかったかも。
a0187426_13275439.jpg

翌日は有給を使って京都を一日散策しました。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by mimoza1105 | 2011-11-01 13:44 | 能楽・京都

日々の彩り徒然なるままに


by mimoza1105