<   2012年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

なぜでしょう。

なぜかしら?

この暑い7月に突然ですが、整理整頓↑↑やる気モードに!

息子達の部屋以外は、急なお客様でもそれなりにお迎えできる状態に、

日々キープしていますが、掃除機や道具類の入っているスペースや、

調理関係器具スペースや、その他諸々の引出しがすっきりしていなくて、

なんかねぇ、もう思い切って捨てています。(あくまで私基準の断捨離で)

最後ロフトもやりたいところだけど、熱がこもりサウナ状態だから、

ここだけはもう少し涼しくなってからにしましょっと。

はずみがついているうちに色々整理整頓しま~す。


労働の後はビールも料理も旨いなぁ(^u^)ぷはぁ~

実家の畑でとれた野菜たっぷりスープと、ハーブのローストポークと、サーモンのマリネ
ハーブの香りたっぷりのローストポークは家族の大好物。

豚ロース塊りに塩と胡椒をすりつけた後、マリネ液に3時間漬けこみオーブンへ。
マリネ液(オリーブオイル、バジル、ニンニクみじん切り、オレガノ、キャラウェイシード、ローズマリー、コリアンダーシード)
a0187426_2071150.jpg
a0187426_2072484.jpg
a0187426_2073556.jpg
a0187426_207461.jpg


汗をかいたらシャワーを浴びて、又汗をかいて仕分けしてと、

家にいる休日は、こんなに掃除を頑張った私。

なのに、太ったワ。。。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2012-07-30 20:25 | 家族・家・料理・庭・愛犬
夫がオリンピック体操・柔道を見ている横で、ブログを書いてます。
オリンピック好きの夫は、期間中多分睡眠不足になるでしょうね(^^)

現代美術作家・写真家の大家、杉本博司先生が文楽の舞台を演出しました。
a0187426_0563540.jpg

―サイト抜粋―
『曾根崎心中』とは…

元禄16年(1703年)4月7日、醤油屋平野屋の手代徳兵衛と堂島新地の遊女お初が梅田曾根崎天神の森で心中をとげる。大坂中で話題となった事件から一ヶ月後、近松門左衛門はこの事件を『曾根崎心中付り観音廻り』として脚色、人形浄瑠璃の芝居に仕立て、大阪竹本座で上演。公演は空前の大成功を収め、当時竹本座の抱えていた借財を一挙に返済できるほどの集客を得た。そして『曾根崎心中』は世上の出来事を作品化した「世話物」と呼ばれるジャンルの記念すべき第一作となった。


杉本博司のコンセプトに賛同した豊竹嶋大夫(切場語り)、鶴澤清治(人間国宝)、吉田簑助(人間国宝)が、近松の完全版ともいえる『杉本文楽 曾根崎心中』で誰も観たことのない「文楽」に挑みます。


曽根崎心中といえば、江戸時代に本当にあった事件。
死んであの世で添い遂げるセンセーショナルな恋愛として庶民は大熱狂。
実際この後心中事件が後を絶たなかったとかで、
事を重く見た幕府は心中禁止令を出し、もし生き残った場合、重罪として罰したとのことです。

このDVDは舞台を作り上げるまでの軌跡と、当日の舞台のダイジェストが収められています。
杉本先生はこの舞台で構成、演出、舞台美術、映像を一手に手掛けています。
文楽を守ってきた人間国宝の大家が、戸惑いながらも斬新な舞台に挑む姿等、
その道の大家達が、己と戦いながら作り上げた見ごたえある舞台です。

人形がエロスを醸し出し、究極のラブストーリーとして堪らない演出となっています。
昨年、神奈川芸術劇場での3日間だけの限定特別公演。
会場からは割れんばかりの拍手。
目を真っ赤にし、感動した面持ちのお客様の姿が映し出されます。
生で舞台が観たかったなぁ~と心から思ったDVDでした。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2012-07-29 01:10 | 本・ライブ・映画・jazz
暑い毎日を乗りきるには、ビタミンカラーの夏野菜をたっぷりとりたいですね。
a0187426_17424671.jpg

実家(家庭菜園)からトマト、シシトウ、ナスをたくさんもらいました。
畑で真っ赤に熟れたトマトでミートソースを作りました。

甘~いトウモロコシ(市販)はお米と一緒に炊き込みました。
(生トウモロコシを立てて、包丁で上から下に切るだけで、実は簡単にポロポロに)


お気に入りの絵や小物で夏を演出します。
笹倉鉄平:オステンド浜(1997年、シルクスクリーン)
a0187426_17431767.jpg

海やプールに行く機会も、水着になる勇気もない私ですが、
絵を眺めていると、一緒に波と戯れているような楽しい気持ちになります。
家の中で夏を楽しんでいます。

皆さんも夏バテしないようにビタミンカラーの野菜をたっぷりとってくださいね。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2012-07-28 17:53 | 家族・家・料理・庭・愛犬
今年の2月にお仲間さんの結婚お披露目パーティーに出席しました。

その時のドレスコードが「魔法(呪い)にかけられて」というものでした。

アラビア風にこれを身に着け出席したところ、←もち、お遊びよん♪

私を含む数人がベストドレッサーに選ばれました。
a0187426_5145280.jpg


これがその時渡された黄金色に輝く、王国入場券です!なぬ?カレー色ってそんな(笑)
a0187426_515102.jpg


4月に王国を遷都(転居)してやっと落ち着いたからと、

その時選ばれた仲間達が、王国の午餐~晩餐会に招待されました。

遷都のお祝いとしてペアの麻のランチョンマットとコースターと、

姫お気に入りの、自家製梅酒、それと自家製ピクルスも持参しました。
a0187426_5155435.jpg


王様自ら腕を振るい、王家自慢のカレーの品々。

ゴーヤココナッツカレー、チキンティッカ、ごま入りズッキーニザグジ
a0187426_5162179.jpg


ブルーベリーライタ、トマトとひよこ豆カレー、キーマカレー、メロン
a0187426_5163651.jpg


さすが王様!美味しゅうございます(T_T)号泣

選ばれた男性2人のうち1人は体調不良で欠席、もう一人は大遅刻と、

女性7人が王様を囲みハーレム状態・・・というか、

女子会に呼ばれた出張料理人みたく・・・働く。

いや、いや、王様のカレーは料理人、プロの味でした。

ほんと美味しかったです。ご馳走様でした(#^.^#)

姫もぐっと主婦力UPで見違えちゃいました。ステキ♪

王様、姫様、お招きありがとうございました。

(おまけ)カレーを食べながらのDVD『文楽、曽根崎心中』鑑賞会。

それははまた別の機会に書きますね。

カレーと文楽って、その組み合わせすごい(^^)さすが王家です。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2012-07-24 05:33 | 会・友人宅

蓮の寺と石庭@京都

7月中旬に京都行く予定ができたので、

蓮の開花時期でもあり蓮で有名な寺に行く。

法金剛寺(右京区):蓮の時期は7時開門

夫の運転で名古屋を5時に出て7時着。

雨があがった早朝、蓮の花や葉に雨の滴がまるで宝石のよう。
a0187426_18495695.jpg


a0187426_1850463.jpg


池の蓮はポツリポツリとまだこれからだったが、大鉢の蓮は満開だった。

1本の茎から2つの蓮の花はとても珍しいとのこと。
a0187426_18504521.jpg

極楽浄土に咲くと言われる蓮だが、カメラを持った観光客が多く(自分も(^_^;))

神秘さを感じたり、心穏やかになる気持ちにはなれなかったが、

それでも何か語りかけてくるような美しさがあった。
a0187426_18512967.jpg


a0187426_1852228.jpg

(メモ:パンフ抜粋)
庭園(特別名勝) 平安時代
待賢門院が極楽浄土として造園させた「池泉廻遊式浄土庭園」である。
なかでも石立の層林賢(りんけん)と静意(じょうい)の作「青女の滝」は、
巨石を並べた雄大なものである。数少ない平安時代の庭園であって、
しかも発願者、作者がはっきりし、その遺構がそのまま残っているのは真に貴重である。

小1時間程散策した後、石庭で有名な龍安寺に車を走らせる。
龍安寺(右京区):8時開門
a0187426_18512148.jpg

庭を眺める人数人。ぴーんとはりつめた、でも穏やかな静寂さ。

雨上がりのヒノキの香りに鼻腔をくすぐられ、心を無にしてただただ眺めるのみ。

石庭の裏庭にはつくばい。
a0187426_1852950.jpg

a0187426_18563878.jpg

(メモ:パンフ抜粋)
方丈の北東に据えてある銭型のつくばいは、一見“五、隹、止、矢”の文字に読まれるが、
中心の口を共用すれば“我唯足知(ワレタダタルヲシル)と成り、
禅の格言を謎解きに図案化された無言の悟道である。
水戸光圀の寄進といわれている。

このつくばいの意味を知り。ふ~む深い。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2012-07-20 00:01 | 能楽・京都

花の能@京都観世会館

第十一回 吉田後援会能「花の能」
a0187426_14565639.jpg

観世会館にて満席のお客様の中、楽しく鑑賞してきました。

『花筺(はながたみ)』は四番目物の狂女のお話です。
a0187426_14572013.jpg

皇子時代に寵愛を受けていた照日の前ですが、
皇子が天皇になるため都へ戻る時に、
使者より彼女の元に別れの手紙と花筺が届けられます。

帝を慕うあまり狂女となった照日の前はその後帝と再会して、
最後はハッピーエンドになるお話です。(はしょり過ぎかしら(^_^;))

現代に置き換えても出世やしがらみにより、一方的に捨てられる愛人話って…
月9とか土曜ワイド劇場的な内容ともいえますね。
人間の持つ感情は何百年、いやいつの時代も変わらないということですね。

能の場合、狂女は手に笹を持って登場するのがお約束です。
そして狂女というのは、現代でいうところの精神疾患ではなく、
嫉妬や恋慕、深い悲しみなど何らかの出来事で、
激しく感情を高ぶらせている女性をさします。

『花筺』では大師匠がシテ、師匠がツレ、師匠の息子さんが子方と、3代揃って舞台を務められます。
弟子の一人としては、もう目がハートもので鑑賞していました。
とても良い舞台でした(*^_^*)

師匠のブログです→⇒能楽師吉田篤史の毎日

話は変わり翌日は、各お稽古場のお弟子様達との合同発表会、
夏季謡曲会(浴衣会)が嘉祥閣でありました。
a0187426_14574928.jpg

私は経正(平清盛の甥)のクセの部分を舞いました。
能舞台での仕舞は、緊張の中にも満足感がとても大きいですね。
出来栄えは・・・聞かないでね(^_^;)

先輩お弟子様方の独吟、連吟、仕舞を拝見するたびに、
もっと精進しなくてはと強く思います。

夏季謡曲会(浴衣会)の後は、吉田嘉謡社
『吉田潔司独立40周年・篤史独立10周年記念』パーティーがありました。
a0187426_14582919.jpg

大師匠と師匠のスピーチと、今回参加された100名超のお弟子様。
それと夏の京都といえば、鱧いただきましたよん♪

合同発表会は、各お稽古場の皆達と仲良くなれるのが嬉しいですね。
ご縁をいただき紡いでいくことに感謝しながら、
今回も和気藹々と楽しい時間を共有することができました。

大師匠、師匠、ご家族の皆様、諸先輩お弟子様方、
そして若手のお弟子仲間さん等、色々お世話になりました。
本当にありがとうございましたm(__)m

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村

―H24年の舞台・ライブ・感想備忘録―
【1月の舞台・ライブ】
新春謡始め:連吟「四海波」・舞囃子「高砂」・狂言舞囃子「餅酒」・連吟「老松」
舞囃子「屋島」・連吟「羽衣」・狂言語「海人」・舞囃子「岩船」@名古屋能楽堂:1/3ブログ

【2月の舞台・ライブ】
MISIA:“THE TOUR OF MISIA JAPAN SOUL QUEST”@名古屋 ガイシホール:2/7ブログ

たなかりか:Jazz Live STAR★EYES@覚王山:2/26ブログ

【3月の舞台・ライブ】
ケイコ・リー:Jazz Live STAR★EYES@覚王山:3/25ブログ

久保田利伸:“25th Anniversary TOSHINOBU KUBOTA "Party ain't A Party!”@名古屋 ガイシホール:4/1ブログ

【4月の舞台・ライブ】
能「小鍛冶」「草子洗小町」@京都観世会館
仕舞「氷室」・「雲雀山」・「善知鳥」:4/26ブログ

【6月の舞台・ライブ】
能 能への誘い@栄能楽堂:6/10ブログ

Mr.Children:“POPSAURUS 2012”20周年ライブ@名古屋ドーム:6/12ブログ

【7月の舞台・ライブ】
能「俊寛」  狂言「薩摩守」 @名古屋能楽堂:7/5ブログ

能 花の能「花筐」他 @京都観世会館:7/19ブログ
[PR]
by mimoza1105 | 2012-07-19 15:04 | 能楽・京都
京都に行ってきました。
蓮鑑賞、石庭、師匠の舞台鑑賞、骨董屋、宵宵山。
能舞台での発表会&パーティー。
観覧席で祇園祭山鉾巡行と二泊三日京都の夏大満喫の旅でした。
まずは祇園祭り7/15宵宵山と7/17山鉾巡行の事を書きますね。

昔々、863~869年に疫病(悪疫)を鎮めるために祇園社から、
鉾を立てた神輿を送ったことが始まりとされています。

何度も罹災しながらも、復興して今日に至っている、
京都だけでなく日本が誇るお祭りだといっても過言ではないと思います。
祇園祭、山鉾巡行、念願かなってやっと見ることができましたぁ(*^_^*)

【7/15宵宵山】
巡行の時に飾られる御神体は、当日までそれぞれの山鉾町(町会所)に奉られています。
他にも山鉾の装具の織物、金具など自由に見学お参りができます。
午前中だったからか、比較的ゆっくり見学できました。
a0187426_23151847.jpg


鯉山(巡行では、山の上に大きな鯉が跳躍して龍門の滝をのぼる雄姿が見られます)
a0187426_2315242.jpg


黒主山(昨年能舞台で観た「志賀」の大伴黒主が桜を仰ぎ眺めている姿で、巡行では桜、傘もあり一場面が再現されていました。)
a0187426_2316203.jpg


橋弁慶山(巡行当日、山鉾の上では五条の大橋で戦う勇ましい姿に変わっていました。)
a0187426_23174576.jpg

数か月前、謡で橋弁慶が終わったばかり。
橋弁慶山を一緒に見学していた師匠の息子さんの和君が、子方(牛若丸)のパートを謡い始めたので、一緒に口ずさむつもりが・・・
すっかり忘れていた呆れたおばちゃん→私(^_^;)

夕闇が迫り駒形提灯に明かりが灯されると、人がどんどん増えてきました。
a0187426_23185735.jpg


浴衣姿の子供達が可愛い声で童歌を歌いながら、お守りや粽を売っていました。
祇園祭の粽は邪気を払い、疫病や災難よけのお守りとして作られていて食べられません。
食べる気でいた呆れたおばちゃん→私(^_^;)
a0187426_23223458.jpg


【7/17山鉾の巡行】
コンチキチン、コンチキチンと祇園囃子が鳴り響いています。
大師匠、奥様、孫の和君、それとお弟子の皆さんと一緒に観覧席で山鉾巡行を鑑賞しました。

最初は必ず長刀鉾で、この鉾だけは生稚児が乗っています。
この写真はその次の函谷鉾です。
旧約聖書創世記の場面が描かれています。
a0187426_23255969.jpg
a0187426_2326414.jpg

朝からいきなり気温が上がる猛暑、次々と空席になっていきました。
私もお弟子仲間さんと途中休憩へ。
キーンと冷えたビールとグリーンカレーを食す私。(もっと汗でるやん)

浄妙山(平家物語の宇治川の合戦で橋桁を渡り一番乗りをしようとすると、一来法師がその頭上を飛び越えて、先陣をとってしまった場面です)
a0187426_23264829.jpg

そのご神体(僧兵筒井浄妙と一来法師)奉られていた時の写真です。
a0187426_6563944.jpg


33基どの山鉾もまさしく動く芸術品です。
伝統を守り、脈々と伝える京都の方達の努力を強く感じることもできました。
猛暑の中、途中休憩もしましたが山鉾巡行を充分堪能しました。
大師匠と奥様、色々お気遣いいただきありがとうございましたm(__)m

最後まで目を通して下さりありがとうございます。
次は師匠の舞台の鑑賞と仕舞の発表会について書きますね。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2012-07-18 23:36 | 能楽・京都
7月のレッスンです。『紫のエスニックなテーブル』

CAJ名古屋校 Coordination Sophia谷川先生のサロンにて 「専科」受講
谷川先生のブログです→サローネーゼSophiaの美生活サロン!!

今月はフランス製の素敵な紫系のクロスに合せ、
紫とグリーンを中心にしたお花のアレンジでした。

ここのサロンは毎回たくさんのお花を先生が用意してくださり、アレンジの勉強ができます。
今月も27~28種類のお花が生けてあります。
a0187426_204036.jpg


それなのでお花のレッスン時間もたっぷり設けられています。
先生から丁寧かつ、的確なアドバイスをいただだきながらなんとか完成しました。
両面構成です。皆様はどちらがお好みですか?(^^)
a0187426_21349.jpg
a0187426_211612.jpg

ブルーベリーやパインがいい味を出しています。

夏らしく生い茂る野生を感じさせながらも、紫で涼しさと優しさを演出etc…
先生の教え通り・・・できたかしら?

テーブルは和と洋とアジアンを融合した夏らしいセッティングでした。
エスニック料理を盛り付けて、気取らずワイワイ食べたいなぁ。
a0187426_213218.jpg


家に友人達を招いておもてなしをすることが時々ありますが、
お花をしっかりアレンジしておもてなしするまでは、なかなか到りません(>_<)
まだまだ学ぶべきことがたくさんあります。

テクニックだけでなく、おもてなしの精神、季節の行事の知識等、
先生から色々学び中ですが、本当に奥が深い世界ですね。
だからこそ楽しい世界ともいえます。

(おまけ)
あと数時間したら京都に行ってきます。
夫の車で5時出発予定。朝一に蓮を見にお寺に行き、師匠の舞台鑑賞、宵山と続きます。
夫は都合があり日帰り。私は翌日は仕舞の発表会、パティ―へと。

また帰ってきたらブログでご報告しますね~。
あとひと眠りしなくちゃ。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2012-07-15 02:11 | テーブル&フラワー(レッスン)

夏野菜と格闘3時間

強い雨が時々降ったり荒れ模様の名古屋でした。

九州ではかなり被害が出ているようですね。

皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか?


休日の今日は、1歩も外に出ず家事仕事に勤しみました。

おやつを食べる仕事にも精を出しました。(^_^;)

先日、実家からと友人から無農薬夏野菜をどっさりいただきました。

なす、きゅうり、トマト、ミニトマト、ししとう、夏大根それとじゃが芋と玉ねぎ。

冷蔵庫の野菜室にはとても入りきらず、一番涼しいテラコッタの玄関に置いてあります。

じゃが芋と玉ねぎ以外は、週末~週明けと京都に行く予定なので、

そろそろ一気に片づけないと、帰ってきた時にまずいことになっているハズ(>_<)

途中夕食の準備と並行して、夏野菜と格闘3時間。さすがに疲れたぁ~
a0187426_191767.jpg

完熟トマトはニンニク、セロリとマッシュルームと香草etc…を入れてトマトソースに。

なすは素揚げや、炒め煮、ディップに。

きゅうりはピクルス、そして生姜とニンニクを効かせた炒め物に。他の野菜も色々と。

近所の友人におかずのお裾分けした後は冷凍庫へ。

一生懸命育った野菜ですもの、きちんと成仏させてあげないとね。

ありがたくいただきます。ご馳走様です(^^)

さて、これから仕舞の発表会の自主練もしなくては!アセアセ

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2012-07-12 19:29 | 家族・家・料理・庭・愛犬
我が家に20代~50代までの幅広年齢の女性7名で、
夏のお茶会(というう名の飲み会)を催しました。

テーマカラーは「ブルーor青or蒼」と事前に伝え、
洋服、CD、本等、自分がイメージしたブルーを着用or持参してもらいました。
ちょっとした遊び心です。

皆が持参してくれた料理も美味しかったけれど、こういう会の1番の楽しみは会話ですよね。
年齢層は幅広ながら、仕事のことから恋愛まで多岐に渡り、いやぁ、楽しかったなぁ♪

彼女達はプロの水墨画家、パティシェ、(セラピー)カウンセラー、
フリーのライター等、夢ある職業を自らの力で逞しく生き抜いています。

でも可愛らしくどこかずっこけていたり、話題が豊富な女性ばかり。
たくさん刺激も貰いました(^^)

そうそう私のテーブルコーディネートも喜んでもらえたようで良かったです。
以前、モネの愛した家と庭がある、(仏)ジヴェルニーに旅した際、
購入した物を使い、ちょうど今が見頃の睡蓮をイメージしてセッティングしました。
a0187426_1123268.jpg


モネといえばウォーターガーデンの睡蓮の絵。
ガラスの大皿に水をはり、模様は水紋に見立て、
雨にあたったイメージ、霧吹きした睡蓮(アートフラワー)を2輪浮かべました。

ウエルカムドリンクは知り合いお手製のシソドリンクで。汗がスーッとひいたかしら?
ピンクの睡蓮には桃の冷製スープ、紅の睡蓮にはアサイベリー。
a0187426_1125721.jpg


パンに合う料理を1品とお願いしたら、重ならずコース料理のようでした。
a0187426_1195925.jpg


ガラスを多用して、涼しげな雰囲気になるよう盛り付けました。
a0187426_1132310.jpg


1品持ち寄りはおもてなしする方も助かりますね。
デザートのケーキはパティシェYちゃんの絶品フルフルスィーツ(#^.^#)
a0187426_114262.jpg


最後は幹事Nちゃんの案で、自分の今お気に入りの物を紹介がてらのプレゼント交換。
私はFちゃんお気に入りのお店のハーブティーを頂きました。
a0187426_1132028.jpg


次回もあるのかな?←他力本願(^_^;)
又場所提供しますよー♪ワイワイ楽しみましょうね。

(おまけ)
庭の百合を花瓶へ(部屋中良い香りです)
a0187426_11273290.jpg


いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2012-07-10 11:17 | 家族・家・料理・庭・愛犬

日々の彩り徒然なるままに


by mimoza1105