<   2014年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今夜のベルギービール
カンティヨン・グース:カンティヨン醸造所:ランビック:5.0%
ランビックらしい強い酸味に驚く

デリリュウム・ノクトルム:ヒューグ醸造所:スペシャル8.5%
カラメルの苦さとフルーツの甘さのバランスが飲みやすい
a0187426_20442498.jpg


今夜のような個性的な味のベルギービールの時は、

薄味のお出汁の和食だと負けてしまうので、

香辛料や香草を使った料理にしました。

本日の夕食
前菜とスープ(蕪と人参とキャベツ)
a0187426_20481999.jpg

隠れていますが、人参と明太子のサラダが美味しかったです。
シロップ漬けのミニトマトも♪

リンゴと赤蕪のさっぱりサラダ
a0187426_20495148.jpg


メインはアジの2種類の香草焼き
a0187426_20503785.jpg

夫の仕事場の花壇のローズマリーとオリーブオイルに漬けこみ焼きました。

小イカのフリッター
a0187426_20534791.jpg

熱々サクッがビールに合いますね~。小イカも柔らかくて美味しい♪

「こういう料理の時は帰って来たいな~」ともうすぐ独立する二男。

「どうぞ、どうぞ待ってますね」という気持ちになるのかしらん?

今は独立(引っ越し日)を指折り数えて待っている母ですが。。。

クリーンでスタイリッシュな部屋にすべく家具を探してる二男。

それならば汚部屋にせぬよう(心を入れ替え)最低限の掃除を願う母ですが。。。

a0187426_22513139.jpg


いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-01-27 08:55 | 家族・家・料理・庭・愛犬
アマゾンから届いた4冊の「カラマーゾフの兄弟」(No.4だけは2月下旬に届く予定)

2月はNo.1と2。5月はNo.3~5と2回にわけて、

カラマーゾフプロジェクトという名の読書会が開催されます。

なので、早速読み進めています。

読書会の課題本でなければ一生手に取ることをしないであろう本。

気合いが入ります。
a0187426_1433530.jpg




「そのままのあなたで充分」とか「頑張らなくてもいいよ」的な風潮ってありますよね。

モチロン本当に心が疲れ切っている時は立ち止まって、

100%自分を認めて大事にすることは必要ですよね。

自分の経験からもよくわかります。でも、でも・・・

それがいつしか自分にとって楽な状態になっているのでは、

弱っていることをいつまでも言い訳にしていないかと、

客観的に自分を見ることも絶対必要だと思います。

幾つになっても少し目線を上にして(手が届くくらいの目標ね)

自分に負荷をかけることを止めてはいけない。

舅の愚痴ばかり言って、我が身の不幸を嘆いていた20代から30代半ばの私。

今思うと自分磨きに関していえば、楽して(怠って)いたとはっきり言えます。

あの時に何か勉強をしていれば、もしかしたら多方面から考える知恵も湧き、

舅との関係性も違っていたかもしれない。などと今になって思うことですが・・・

今、学ば(べ)ないことを、人や状況のせいにして言い訳してはいけない。

あの時から自分への戒めの言葉です。


-閑話休題-

少し窮屈な本や自分にとってレベルの高い本が課題本になる時もありますが、

多少負荷をかけて読んだ後に、皆で感想を言い合う時間はとても楽しいです。

そして参加された若い方達が仕事や資格取得や趣味等に、

頑張ったり、楽しんでいる話を聞くのは嬉しいし励みにもなります。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-01-25 14:14 | 本・ライブ・映画・jazz

お部屋は春隣

外はまだまだ寒さ厳しい最中ですが、サロンは春隣でした。

お花から春の足音が聞こえてきませんか?
a0187426_16425575.jpg


Life Style Salon Sophiaのレッスン専科受講
谷川先生のブログです→サローネーゼSophiaの美生活サロン!!

1月のレッスンです。

谷川先生、そしていつも一緒に受講している生徒さん達と

新年のご挨拶の後、お花のレッスンが始まりました。

春隣(もうすぐ春がきている)、冬と春のお花を一緒にいけていきます。

私のアレンジはテーブルサイドの片面構成
a0187426_1649776.jpg

太い竹筒の花器に立春大吉と貼りました

Fさんはセンターで両面構成
a0187426_16503724.jpg


Yさんはサイドボードに大きく片面構成
a0187426_16513258.jpg

似た花材でも花器により、又置く場所によってこれだけアレンジが変わります。

この後はテーブルセッティングを学びました。
a0187426_16551054.jpg


くす玉は五色と香りで邪気を払うといわれています。
a0187426_16585819.jpg


最後に懐紙でぽち袋や箸袋の折り方を教えていただきました。
a0187426_1705261.jpg

懐紙の用途がこれから広がりそう。

古(いにしえ)から伝わる陰陽五行の事や、季節を身近に感じる暮らし等、

今回のレッスンも盛りだくさんの内容です。

テーブルや花を綺麗に見せるテクニックだけではなく、

もっと大切なマインドの部分を毎回きちっと教えていただけるサロンです。

レッスン後は先生手作りのおぜんざいをいただきました。
a0187426_17105851.jpg

ホッ、あったまる(#^.^#)美味しかったです。

来月のレッスンも楽しみ♪宜しくお願い致します。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-01-23 17:14 | テーブル&フラワー(レッスン)

冬の散歩道

毎朝ミモザのお散歩担当は夫なので、私は時々午後に連れていきます。

ピーンとした空気の冷たさも少し歩けば気持ち良いですね。

家から5分程歩くといつもの並木道に出ます。
a0187426_19511881.jpg

これは以前撮った紅葉が途中頃の写真で、桜とハナミズキの並木道なので春~初夏もとても綺麗です。

ちょうど写真の歩道の横にいつもミモザが遊ぶ広場があります。
草木も冬だなぁ~
a0187426_12324810.jpg

写真奥の雑木林の中は一万歩コースになっていて、ミモザの散歩コースの一つです。

嬉しくてつい飛び跳ねちゃう♪
a0187426_19565091.jpg


今度はあっちに行きたいナ~
a0187426_19574884.jpg


広場から真正面(南)に見えるのは東山動植物園のスカイタワー
a0187426_2011456.jpg

左(東)の半円の屋根はスポーツセンター、少し東に歩くと三越(星ヶ丘店)があります。

緑あふれる私とミモザの大好きなお散歩コースです。

まだ帰りたくな~い
a0187426_2044193.jpg

本当は毎日ママとお散歩したいなぁ~ ワンワン

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-01-21 20:11 | 家族・家・料理・庭・愛犬
仲良しの友人がご主人の転勤に伴い関西に引っ越しました。

う~ん、幾つになっても寂しいものですね(T_T)

彼女とのお付き合いはかれこれ13~14年。

自分達も息子達も同じ年なのですが、いわゆるママ友というより、

自分の夢を語り合い、刺激を与え合う友という感じでした。

彼女との思い出はたくさんあるけれど・・・

もう何年前になるかなぁ、あれは確か1月だったと思います。

友人「私、マラソン始めようかと思って。で、12月にはホノルルマラソン走る!」

と宣言した後、こつこつ毎日練習して、見事ホノルルマラソンを完走。

有言実行!夢を実現しました。その後もトレーニングを欠かさず、

何度も国内でのフルマラソンの大会を完走しています。

他にも常に何かを学んでいる彼女。

趣味や学びの内容はお互い違っていたけれど、

彼女と一番の共通点は、母、妻、一人の女性として、

幾つもの時間(顔)を持ちたいというところでしょうか。

1日の中で何度も意識を切り替えるのは、私より彼女の方が上手でしたね~

子供達が小学生の頃からほとんどフルタイムで働きながら、

子育て、家事、勉強、趣味と毎日忙しそうでしたけれど、

しゃかりきというよりは、いつもたおやかに女らしくて、

でもちょっぴりずっこけた部分もあったり(^^)

とても魅力的な女性のYちゃん。

いっぱい刺激をありがとうね~。感謝しています。

引っ越し準備のあわただしい中を少しだけ抜け出してもらい、

彼女の好物のとんかつで一緒にランチしました。

手延べとんかつ 十勝本店@名古屋市名東区
a0187426_20571114.jpg

食事中も向こうに落ち着いたらやりたい事を、きらきらとした瞳で語ってくれ、

Yちゃんが関西でも頑張っていると思って私も頑張るね!!

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-01-20 21:20 | 外食・お出かけ@愛知
昨夜は読書会でした。ドストエフスキー『地下室の記録』

読書会では会を楽しむ為にドレスコードがあります。

完全武装?で、バシッと全身決めてもいいし、

本からのイマジネーションや、ワンポイントでも何でもOK!

今回私は本の内容からイメージ

「美しくて崇高なもの」というくだりからイメージして、

パールのネックレスを首に。
a0187426_11383834.jpg


地下室(心の闇)からイメージしたスカルを額にたらしました。
a0187426_962982.jpg


参加された皆さんのアンダーグラウンドはというと・・・

地下室のネズミということで全身ネズミ色にコーディネートした女性や、

ヘルメットとジャンバーにゲバ棒で、地下組織の学生運動風、

赤いピンヒールに真っ赤なドレスに網タイツでセクシぃぃ~や、

極め付けはシェルターからイメージして毒ガスマスクをした方や、

参加された皆さんのアンダーグラウンド観を楽しみました。

a0187426_11543099.jpg

読書会は8人づつがワンテーブルでアウトプットするのですが、

色々な角度から話が聞けたのが良かったです。

Aテーブルの皆さん、ありがとうございました。

ちなみに私は前回ブログにUPした事を膨らませてアウトプットしました。

今回はこの本を訳された亀山郁夫先生がゲストでいらっしゃいましたので、

先生が各テーブルをまわり、質問に答えて下さいました。

二次会でも先生のお話を伺うことができ、充実した時を過ごしました。

読書会では2月と5月と2回にわけて「カラマーゾフ・プロジェクト」があります。

あのドストエフスキーの長編小説「カラマーゾフの兄弟」を読み、

皆で語り合った後、亀山先生の講義という充実の内容が素晴らしい。

早速アマゾンで購入しようとしたら、本が入荷準備になっている。

あらら、出遅れましたか・・・

まだ参加は決めていませんが、参加できるよう読み進めたいです。

(おまけ)

皆さんはアンダーグラウンドというと何を想像されますか?

私がぱっ思い浮かんだのが、テントでの前衛芝居。

それからヒッピー風なロン毛で「あっと驚くためごろう」みたいな感じ。

でも、年下の職場の女性に「何ですかそれ?」的な事を言われたので、笑

若い人達のアングラでイメージするものを、思わず聞いたわよ。笑 

そしたらゴスロリ風との答えだったから、スカルのペンダントを息子に借りました。

確かに黒い洋服の男女が多かったわね。恥かかずに済んだわ(汗)

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-01-18 12:15 | 本・ライブ・映画・jazz
週末に参加する読書会の課題本

ドストエフスキー『地下室の記録』の備忘録です。
a0187426_19525547.jpg

週末までにもっと深めなくては!

(アウトプット用の事前メモなので意味不明かもです。


「地下室の記録」

底意地の悪い役人であった→嘘である→底意地が悪いとは逆の要素がうんざりするほどある→しかしそれらを(わざと)解き放ってやらなかった、そしてその要素に苦しめられる→全てにうんざりする→人から見たら何かを懺悔し、何かを許しを請おうとしていているように見えるのではないか?→人からどう見えていてもわたしにとってはどうでもいい。→たんに底意地の悪い人間どころか、何者にもなれなかった。

・例えば、底意地の悪い人間どころか、何者にもなれなかった。を言いたいがために上記のような事を何ページも使って書いている。

⇒全編にわたり自己を、否定→なげやり(見せかけているだけ)→肯定→否定→逆説→それすら否定・・・そんな印象を受ける。

・とりとめのない考えから、深い思考までを全部文章にしていく。
⇒自己を観察し、心の模索を文章化する。

・心の地下にどんどん降りていく、又は心に張り巡らされた迷路のような地下室を探検する。
⇒自己探究の記録書のように感じる。

・時代背景:農奴解放から激変していく混迷のロシア、革命前
ドストエフスキーは青春時代をユートピア社会主義(近代的な社会主義の思想の最も始まりに位置する思想)の一つ、フーリエ主義に傾倒した。
→極左的立場

・それにより死刑宣告→恩赦によりシベリア流刑(懲役4年・兵役5年)→出所
・出所後はユートピア社会主義への幻滅、キリスト教への回帰も見られる。
⇒検閲当局を強く意識しながらの作家活動は、数々の作品にも影響しているのか?

・わざとまわりくどい書き方は検閲当局を欺くため?
それとも革命を企てている人達に向けての隠されたメッセージなのか?
⇒ドストエフスキーが本当に伝えたい事は何なのか?

「「ぼたん雪にちなんで」

この「地下室の記録」の主人公の10代~20代に焦点をあてて書かれた「ぼたん雪にちなんで」はドストエフスキー自身の若い頃に思えて仕方がない。
⇒どちらも自叙伝に近い?

P76(一部抜粋)
わたし自身、途方もなく虚栄心がつよく、おまけに自分にたいする要求がきつすぎたため、かなりの頻度で、嫌悪を覚えるほどの狂おしい不満をいだきながら自分を見つめ、だれもが自分と同じような見方をしているものと思いこんでいた。


・他人への批判、軽蔑を持ちながらも、反対に他人の目に自分がどう映るのか病的な程、気になって仕方がない。

・どこか普通でない自分を感じ、何とか普通を演じようとしてもがいている。

他人との距離感分からず、友人から受け入れてもらえない孤独にあえいでいる。

・自分の殻に閉じこもり、他人を拒絶する。

・思考回路が他人と違う苦しみと共に、違うということで、人より優れていることへの優越感もある。

⇒思春期の数々の特徴が、読んでいて可哀想になるくらい強く出ている人物。
だが我々も当時を思い返せば、程度の差はあれ共感できる部分もある。

・そのエネルギーが歪むと暴力、自傷、排他主義等へ、
ベクトルが大きく負に向かった時、若者による無差別殺人等に繋がる気がする。

・「地下室の記録」の主人公はどんな人生を歩んできたらこういう人間になるのだろうかと思いながら読んでいたら、次の「ぼたん雪にちなんで」が、若い頃の主人公の話になっていたので、少しは理解できたような気がする。

・多くの人が(私もまたその一人)自分の心の地下室になるべく入らないで生きているように思う。
それは、自分の内面を掘り下げ、見つめ直す作業はとてつもなくエネルギーが必要だから。

⇒内観はとても苦しい。だが、内観によってプラスに向う場合もある

・ドストエフスキーはあえて自分の地下室(心の闇)を表(文章化)に出すことで、人々に何かを訴えかけているように感じた。

⇒過去の自分がそうであったように、ユートピア社会主義や革命(正義の為なら殺人も正当化)に傾倒する若者に、内観の大切さや本当の正義を自分の中に見つけ出して欲しいと思い書かれたような気がした。


今月の読書会は、この本の訳を手掛けられた亀山先生が、ゲストでお越しになります。

何故ドストエフスキーはこの本を書いたのか、その真意が伺えたら嬉しいです。

この『地下室の記録』後に書かれた『罪と罰』、以前挫折したままになっているので、再トライしてみたいです。

最後まで読んで下さりありがとうございましたm(__)m

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-01-14 19:59 | 本・ライブ・映画・jazz
ベルギービール備忘録

ビンクIPA330ml~ホップ・ヴェルドム:ケルコム醸造所
a0187426_1255942.jpg

ウィットカップ・トリプル330ml:スラッグムルダー醸造所

ビンクIPAはホップのほろ苦さと、個性的な香りと味が初めて
a0187426_12581390.jpg

ウィットカップ・トリプル330mlは洋梨の香りと柑橘系の爽やかさで飲みやすい

前菜はじゃが芋とカリカリベーコン
ホワイトアスパラ(瓶詰)のポーチドエッグのせ
豆腐の自家製味噌漬け
a0187426_1311265.jpg


メインは鯛のアクアパッツァ
a0187426_132187.jpg


ご馳走様でした(^^)

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-01-13 13:09 | 家族・家・料理・庭・愛犬

重要文化財での結婚式

テーブルコーディネート&フラワーアレンジメントのレッスンを

一緒に何年も受講しているMちゃんの結婚式に参列しました。

場所は名古屋市市政資料館
a0187426_14242219.jpg

こちらの建物は、東区白壁にある名古屋市の公文書館、

旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎で重要文化財に指定されています。

由緒ある建物で厳かに式が始まりました。
a0187426_14261713.jpg


Mちゃんのお相手は笑顔が素敵なとても優しそうな新郎様でした。

新婦のMちゃんも輝く美しさ(#^.^#)

大理石の階段に惹かれたヴァージンロードに長いベールが映えます。
a0187426_14332848.jpg


この後フラワーシャワーの儀式の為、外に出ました。

ウェディングドレス姿のMちゃんを間近で見た、

私の後ろに並んでいた新郎様のご友人達が、

「色白ぉー 綺麗」「めちゃ白ぉー 可愛い~」等々

それを聞いて母のように嬉しくなりましたよ(^^)

今日の良き日、本当におめでとうございます。末永くお幸せにね。

又レッスンでご一緒できることを楽しみに待っています。

Mちゃんは苗字なので、今度お会いする時はYさんと呼びますね(^^)

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-01-12 14:49 | 外食・お出かけ@愛知

不覚にも寝落ちする

お正月休みに楽しみにしていた公演がこちら
a0187426_183418.jpg


ピーンとはりつめた新春の舞台を友人にも味わってもらいたくて、

お誘いしたにもかかわらず、不覚にも途中寝落ちしてしまいました。

夜中の1時過ぎまでダン・ブラウンのインフェルノを読んでいたせいね、きっと(>_<)

2011年1月3日のブログを読み返すと、正月特別公演に大興奮している私。

能楽鑑賞を始めて半年くらいで何を観ても新鮮だったあの頃。

どの舞台も一期一会、当時の気持ちを思い出して、

今年もたくさん感動したいです。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村


―H25年の舞台・ライブ・感想備忘録―
【1月の舞台・ライブ】
正月特別公演「翁(能」「三本柱(狂言)」「高砂(能)」@名古屋能楽堂:1/7ブログ
[PR]
by mimoza1105 | 2014-01-07 18:20 | 能楽・京都

日々の彩り徒然なるままに


by mimoza1105