<   2014年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

玄関側の薔薇が見頃になりました。
a0187426_153848.jpg


昨年、右側のモッコウバラが虫で一気に木がダメになってしまったけれど、
a0187426_15423649.jpg

左側のこちらのバラはいつもに増して元気に咲いてくれ嬉しいです。

裏庭ではピンクのバラが次々咲いています。
a0187426_15385514.jpg


ミモザの陰になっているヤマモモも実をつけています。
a0187426_15394327.jpg

今年は数が少なめですが、果実酒かジャムどちらにしようかな~♪

庭から毎日エネルギーと癒しをもらっています。

(おまけ)ありがとうのケーキ
1W遅れの母の日のケーキは長男から(先週の写真)
a0187426_1546254.jpg


先程ふらりと二男が来て、2W遅れの母の日はGIOTTOのロールケーキ
a0187426_15465825.jpg

あと1週間に迫ったベルギービール認定と、一か月後の色彩検定2級

勉強準備不足を嘆く母の愚痴を聞いてもらいながら、2人でおやつしました。

あわわわわ(>_<)若い子の言葉でいうなら「マジやばっ!」です。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-05-24 15:56 | 家族・家・料理・庭・愛犬
G.Wに出かけた京都庭巡り、最後のUPがのびのびになっていました。

こちらはウエスティン都ホテル京都の葵殿庭園です。

山の斜面を利用した回遊式庭園で小川治兵衛が手掛けました。

この時期は苔も生命溢れる、本当に美しい色をしていますね
a0187426_18165745.jpg


山の急斜面を利用した三段の滝と、
a0187426_1815218.jpg


縞模様の守山石が有名とのことです。
a0187426_1816141.jpg


以前お能の発表会の時に宿泊しましたが、散策しないままチェックアウト、

他の庭も一緒にゆっくり散策すれば良かったなぁと思いつつ、

京都は観光したい所がたくさんですものね。

4月、5月と2回にわたって、日本の近代庭園の先覚者ともいうべき、

植治7代目、小川治兵衛の庭巡り楽しんできました。

残念なことに非公開な場所に素晴らしい庭がまだまだたくさんあります。

数日だけ公開する庭や、まだ行っていない庭巡りをしてみたいですね。

来週は友人と日帰りバスツァーで京都に行ってきま~す。

こちらは庭ではなくて、ある意味ディープな場所巡りなの。 笑

さて、それはどこか・・・

ご興味のある方向けの内容になってしまうかもしれないけれど、又UPしますね(^^)

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-05-22 18:36 | 能楽・京都

新玉葱のスープの夕食

日曜日の夕食です。

トラピストビールの中で唯一オランダ醸造のこちら
a0187426_21281873.jpg

ラ・トラップ・クワドルペル(紫色のマーク)、味わい深くてかなり好みだわ♪

でも、日本人に馴染みがない酵母だからかな、アルコールが回る感じできくぅぅ~(@_@)

ベルギービールはバルバール、その専用グラス
a0187426_2129235.jpg

ハーブの香りのハチミツ入りビールは飲みやすい

新玉葱をバターで薄い飴色になるまで炒めた甘くて香り高いスープ
a0187426_2133692.jpg


前菜は酢鯖のカルパッチョとタラコクリームチーズとドライトマト
a0187426_2133489.jpg

サラダは実家でとれたスナップエンドウ(写真なし)

メインは新じゃがとスナップエンドウとメカジキのポワレ
a0187426_21344349.jpg


ご馳走様でした。

(おまけ)
夫の健康診断の血液検査の結果が出た。

Dr.の義兄からこれなら100歳まで生きられるとお墨付きの良い結果。

「すごいだろー」と威張るけれど、それって毎日料理を作っている私のお陰じゃないこと?

お腹もぺちゃんこ&スリム、でもって血液数値も全部素晴らしく良いなんて

ちっ、ほんと羨ましいぜ!

間食以外は同じ物食べているんだけどなぁ。恐るべし間食数値(>_<)

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-05-21 21:55 | 家族・家・料理・庭・愛犬
前回の続きです。

私が行きたいと希望して、庭巡りの途中に三十三間堂に寄りました。
a0187426_2094718.jpg


三十三間堂といえば千手観音が有名ですが、国宝観音二十八部衆も見応えがあります。

今回一番のお目当てはこちらの阿修羅像(サイトからお借りしました)
a0187426_20171427.jpg

八部衆とは簡単に言うとお釈迦様の周りで説法を聞き帰依、仏界を守る8人の神様です。

阿修羅はペルシアのゾロアスター教の最高神だったのが、

仏教に帰依し八部衆の一員になりましたが、

数々の戦いにあけくれたということで、今でも天界でなく修羅界に属しています。

三十三間堂の阿修羅は外敵から仏界を守っているかのような怖い顔ですが、

一昨年拝観した興福寺の阿修羅の方は優しい少年のようなお顔ですね。
ポストカードより
a0187426_2027344.jpg


こちらは慈しみの表情なのでしょうか。

両方の阿修羅を拝観できて満足な気持ちでこちらを後にしました。

つづく

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-05-17 20:33 | 能楽・京都

京都円山公園散策

前回のブログの続きです。

円山公園を散策しました。

西洋文化を積極的に導入した明治時代、都市・公園づくりもしかり。

東山を借景にしてパブリックスペースとしての公園を任されたのが、

植治の七代目、小川治兵衛でした。

東山を借景にして、山から湧き出る水をイメージした小さな滝から始まり、
a0187426_19412032.jpg


石ころだらけの細い川からだんだんと、なだらかな景色に変化していきます。
a0187426_19394364.jpg


そして最後は池に至る自然そのままが表現されています。
a0187426_19425152.jpg


途中あまりにも自然な感じで、人工的に作られた公園ということを忘れてしまいそう。

治兵衛さんの言葉「手を加えた自然にこそ自然がある」

これこそ彼の目指す庭つくりの極意なのでしょうね。

円山公園というと広い敷地でのお花見で有名ですが、こちらのお庭も素敵ですよ-(^^)

つづく

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-05-17 20:00 | 能楽・京都
G.Wの京都名庭を巡りをやっとφ(..)カキカキ

日本料理レストラン「がんこ高瀬川二条苑」そう、あのがんこ亭。

名古屋ではリーズナブルな焼肉店のイメージが強いのですが本来は何屋さん??

お店の前を流れている高瀬川も情緒がありますね。
a0187426_18264837.jpg


がんこ高瀬川二条苑は先日行った南禅寺にある無鄰菴の前に建てられた物です。
a0187426_18325723.jpg

山県有朋が当地に第二無鄰菴と称される別邸を建設した。
このときに庭園は、無鄰菴を作庭した小川治兵衛により改修され、現在に至っている。

(ちなみに最初の無鄰菴は山縣の郷里、長州・下関の草庵、第三が南禅寺の無鄰菴です)

がんこ亭がこの場所を借りて、手頃な値段で料理を提供しています。

なので、歴史的な素晴らしいお庭が満喫できるのです。ありがたや~

河床の方でお昼をいただきました。のどかで風が気持ち良~い♪
a0187426_18391815.jpg


川床コース料理の前菜箱(コース一部)
a0187426_18552313.jpg

見た目もお味も全部・・普通でした(^_^;)

さて、食事後は目的のお庭の散策を楽しむとします。
a0187426_18414254.jpg

建物内での食事はこのお庭を眺めながらできます。(夜はライトアップ)

疏水をたくみに取り込んでの治兵衛の庭、見どころたっぷりです。
a0187426_18424382.jpg


持ち主が何人も変わり、灯篭の数や名石の数が増える等、
a0187426_1844553.jpg

庭の様も当初と随分変わってしまったらしいですが、それでも素晴らしいお庭です。

治兵衛の庭を満喫したい方は、がんこ高瀬川二条苑お勧めです!

つづく

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-05-17 18:59 | 能楽・京都
先日カラマーゾフプロジェクトも終わりホッと一息というところですが、

新たな学びを始めました。

カラマーゾフの兄弟を翻訳された亀山郁夫先生の講座

ドストエフスキー「罪と罰」の謎
a0187426_1955817.jpg

中日文化センターで月1回、4月~9月までの6回コースです。

色々な予定があり、手一杯かな~と受講を躊躇っていましたが、

先日の先生の講義を拝聴して、もっと学びたいと思い直しての受講です。

ロシア文学だし20~多くて30人くらいのクラスかと思いきや、

既に110名超の受講者がいるクラスと聞き驚きました!

中日パレスの大宴会場、シャンデリアが煌めくお部屋でした。

平日の午前中ということもあり、60歳過ぎの方達が大半でしたが、

皆さん熱心に受講されていて、学ぶ気持ちに年齢はないということを、

間近でヒシヒシ感じました。その姿勢、私も見習わなくちゃ!

どんな学びも小さくてもいいから目標を持つこと、

好奇心を持つこと、そしてまずは一歩を踏み出すこと!

「私なんて・・・」と、「今さら始めて何になるの?」

こういう気持ちはぐっぐっと蓋をして、上から漬物石でもドカンとのせ、

大人になってからの方が好きな学びができるので幸せな気がしています。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-05-15 20:24 | 本・ライブ・映画・jazz
濃いピンクと白のハナミズキとモッコウバラは散りましたが、

次は私の番よとばかりにエゴとヤマボウシが満開となりました。

そんなに目立たない花ですが、ヤマボウシの葉と花の色合いが好きです。
a0187426_1818989.jpg


G.W時には蕾だったエゴも今が盛り
a0187426_18193447.jpg


蜂も元気に飛び回っています
a0187426_18202864.jpg


昔は一年草のコンテナガーデンに精を出した時期もありましたが、

今は桜、紅葉、薔薇等の鉢植えと、地植えの草木だけで十分楽しんでいます。

朝、リビングのカーテンを開けると目に飛び込んでくる景色に毎日癒されています。

植物はいいですね~(^^)

(おまけ)
G.W後半、パリ旅行を楽しんできた義姉からのお土産
完全フリープランで買い物&観光を楽しんできたそうです。いいなぁ~
a0187426_18284341.jpg


いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-05-14 18:34 | 家族・家・料理・庭・愛犬

ドレスコードは黒

昨日は『カラマーゾフの兄弟』の読書イベントに参加しました。
a0187426_19265757.jpg

カラマーゾフプロジェクトと名付けられたこの読書会の後半(3巻~5巻)

亀山先生、主催者の皆様、100名近い参加者の皆様、

本当に有意義で楽しい時間を過ごすことができました。

ありがとうございましたm(__)m

フルオーケストラで奏でる重厚で壮大な交響曲のような小説、

現代でも世界文学史上の最高傑作の一つに数えられています。

ケーキで例えるならばミルフィーユのように何層にも重なっていて、

私は多分パイの1~2枚とわずかな苺しか食べる(読み解く)事ができていない気がします。

このあたりの事を亀山先生は解題の中でこう書かれていました。

カラマーゾフの兄弟には、二つの層がある。

一つは低次の層であり、物語の筋立てや心理的メロドラマがそれにあたる、

もう一つは高次の層である、ここでは神と悪魔が戦い、

神の実在をめぐる悲劇的な層をなしている。



当時のロシアの時代背景、ロシア正教、ドストエフスキーの人生が、

きちんと理解できていないと、低次の層を抜け出すことは難しいでしょうね。

ストーリー的には騒々しい空気が漂っている気がします。

この物語に隠された真の意味は?謎を解く気持ちで読まなくては((+_+))

今回グループの方達と感想を述べ合い、その後亀山先生の講義の中で、

低次の層の上の方にはいけたような気がしています。(ほんまかいな?)

自分の成長を試す意味でも、死ぬまでにもう1、2回は読み返したい小説となりました。


さて、今回のドレスコードは「黒」ということで、やはり黒い服の方が多くいらっしゃいましたね。

そういう私も全身黒の服とバッグ&ネックレスといういでたち。

(あ、喪服に見えない工夫はしましたよ)
a0187426_19281055.jpg

ネックレスの鎖にはカラマーゾフ一族という血縁を現し、

赤い玉の部分は一族に流れる血と、殺された父親が流した血の色、

ブラックパールには除霊、悪魔祓い、身を清める意味があるので、

内容にぴったりと思い重ね着けしました。

前半のドレスコード「ロシア」に続き今回もベストドレッサーの一人に選ばれました。

小説の読み込みが浅い分、こういうところで頑張る私。 笑

親睦会はロシア料理のお店を貸し切っての大賑わいで、

こちらもとても楽しいひと時でした。(料理一部)
a0187426_19291896.jpg


先生からサインもいただけました。
a0187426_1928588.jpg

その時私の質問(本の内容)にも答えてくださり嬉しい限り

亀山先生音頭の元、小説の最後のセリフ「カラマーゾフ万歳!」を

ロシア語で皆で叫び、カラマーゾフプロジェクトがお開きとなりました。

(おまけ)
忙しいと言いながらまた新たなプロジェクト(大げさ)を始めることにした私(^_^;)

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-05-12 19:41 | 本・ライブ・映画・jazz

映画『8月の家族たち』

G.W中に『8月の家族たち』を観てきました。
a0187426_19242870.jpg

メリル・ストリープとジュリア・ロバーツの母娘役が話題になりましたが、

女優魂のぶつかり合いのような映画でした。

メリル・ストリープの夫が突然失踪、そして事故死(自殺?)して、

離れて暮らす3人の娘や親戚が葬儀の為に久しぶりに顔を合わせます。

(処方された)薬中毒の母(メリル)の周りへの毒舌っぷりが凄く、

対して、常に周りにしかめっ面でイライラ感を放つ娘(ジュリア)。

二人の妹達、叔母、ジュリアの娘、女性陣一様に癖があるキャラ、

逆に男性陣は役柄(演技)も、実際現場でも受け身に徹していたのでは?

暑いオクラホマの片田舎、熱いギスギスした空気が最後まで漂う、

いや、漂うなんてものじゃなく、べったり貼りつく感じが何とも(^_^;)ふぅ

女性は生理的な感覚で共感できる部分もありますが、

男性からするとただただ疲れる映画なのかしらん。

役者の方達の演技は一流なので見応えはありますが、

好みが分かれる映画といえるのではないでしょうか。

いつもご訪問ありがとうございます。1日1回押してくださると嬉しいです058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
by mimoza1105 | 2014-05-08 19:29 | 本・ライブ・映画・jazz

日々の彩り徒然なるままに


by mimoza1105